SEO対策基本情報

ペンギンアップデート

7,ペンギンアップデート

●ペンギンアップデートについて

「不適切な被リンク対策をしているサイトの確認をする」のが、ペンギンアップデートというアルゴリズムの目的です。

グーグルのガイドラインを破ったり検索結果スパムを使ったりして、強引に検索順位をアップさせようとしているサイトは、これによりペナルティを受けます。

※「白黒を明確にする」というニュアンスを込めて、ペンギンアップデートと名づけられました。


●近年のペンギンアップデート

ペンギンアップデート3.0が2014年10月に行われました(約1年ぶり)。

その2~3日後に、日本でもそれなりに目立った順位入れ替えが発生しました。

これ以降のペンギンアップデートは、さらにペースアップして成されると予想されています(パンダアップデートくらいのペースになると推測されています)。

ペンギンアップデートがあると、そのあとすぐに順位が激動する可能性が高いです。

それに伴い、およそ半月後に「修正」の意味を込めたアップデートが行われる場合があります。


●ペンギンアップデートで順位がダウンしやすいサイトは?

検索順位を、グーグルのガイドラインを破ってアップさせようとしているサイトは順位がダウンしやすいです。

被リンク対策に関しては、特に厳しくチェックされるので気を付けましょう。

・オートでリンクを増やすようなプログラム

・コメントリンク

・ディレクトリ登録タイプのリンク

・相互リンク

などがあると順位を落とされやすいです。

検索順位を決めるシステムがある程度分かっています。

また、「SEOとは何か」というハッキリとした信念をグーグルは抱えています。

ですから、SEO対策に取り掛かる前にそれらをきちんとチェックしておきましょう。

※SEOとは?本質と対策方法について


●ペンギンアップデートについていくには?

ペンギンアップデートが行われてから、順位が一気にダウンしたのであれば、

最初に「ペナルティ通知」が、「グーグルウェブマスターツール」に届いていないかチェックしてください。


〇チェックする手順

1:グーグルウェブマスターツールにログイン

2:「手動による対策」をチェックする(検索トラフィック欄にあります)

▼手動ペナルティが発生したときにはこんなメッセージが届きます

外部からの不自然なリンク~~~

(中略)

リンクプログラムやリンクの売買の使用は、

グーグルガイドラインを破ることに他なりません。

そのため、aaa.com/によるスパム対策が適用されました

(以下略)

※そのまま載せるのは良くないような気がするので、一応文言を少し変えています。


〇サイト内のリンクをチェックしましょう

グーグルからの評価が下がりやすいリンクとしては、

・コメントリンク

・ディレクトリ登録タイプのリンク

・相互リンク

などがあります。

これらを否認(or削除)しましょう。

当然ご自身でこういったリンクをつけることも可能ですが、他のサイトの管理者が知らないうちにリンクを設定してしまう場合もあります。

ですから、まずはサイトのリンクを全部チェックして、上記に該当するリンクが存在するのであれば否認(削除)してください。

ちなみに、再審査の要請はしなくてOKです。

なぜなら、ペンギンアップデートはアルゴリズムによってオートで進められるからです。


●ペンギンアップデートに備えるには?

「全部のリンクを確認する」とは言っても、簡単なことではありません。

グーグルサーチコンソールだけでは全部のリンクをチェックすることはできないので、ツール(ahrefs、SEOmozなど)を使ってリンクを取得しましょう。

全部のリンクを掘り出したら、質の悪いリンクを否認(削除)します。

ちなみに、一時期は7割を超えるサイトに質の悪いリンクが設定されていたと言われています。


●近年の被リンクチェックの特徴

まず、被リンクチェックはアルゴリズムの一種であるペンギンアップデートが行っています。ですが、被リンクチェックはペンギンアップデートだけが行っているわけではないと見られています。

ですから、ペンギンアップデートが済んでから間もないタイミングだとしても、定期的に被リンクの確認をすることを推奨します。


●これまでのペンギンアップデート

2012年の4月に初回のペンギンアップデートが行われ、検索結果に3パーセント程度の変化が出たとされています。

また、2103年5月のペンギンアップデート2.0では2.3パーセント程度の影響が及んだと言われています。


●ペンギンアップデート履歴

ペンギンアップデート1.0:2012年4月24日

ペンギンアップデート1.1:2012年5月25日(スパン:およそ4週)

ペンギンアップデート1.2:2012年10月5日(スパン:およそ19週)

ペンギンアップデート2.0:2013年5月22日(スパン:およそ32週)

ペンギンアップデート2.1:2013年10月4日(スパン:およそ20週)

ペンギンアップデート3.0:2014年10月17日(スパン:およそ67週)

ペンギンアップデート4.0:2016年9月23日(スパン:およそ2年)


●まとめ

ここまでペンギンアップデートについて解説しました。

コンテンツそのものだけでなく、被リンクの対策をきちんと行いましょう。