SEO対策基本情報

301リダイレクトとは

9,301リダイレクトとは

●301リダイレクトについて

URLを、ドメインの変更等の関係で変えるときには「301リダイレクト」をすることが大事です。

「URLが変わりましたよ」と検索エンジンに示す意味がありますし、

これにより半永久的にページを移行させることにもなります。

SEO評価を白紙に戻したくないのであれば、必ず301リダイレクトをしましょう。

変更前のページに訪れたとしても、301リダイレクトが済んでいれば、オートで新しいページに飛ぶシステムになっています。

ここでは、そんな301リダイレクトに関して解説していきます。


●301リダイレクトに関して

最初に紹介したとおり、「サイトの引っ越し作業の一環」であると考えてください。

Javascriptやhtmlファイルなどを使うことでも、新しいページをネット利用者に向けて示すことは可能です。ですが、SEO評価を継承したいのであれば、301リダイレクトを行わなければなりません。

ただし、サーバーの運用の仕方やサイト次第で、設定の仕方がある程度決まっているものですし、適切なリダイレクト方法も限られていますので、慎重に進めるようにしましょう。

301リダイレクトが完了したら、移行前のページをチェックして、きちんと新ページに遷移するかどうかチェックしてください。


○302リダイレクトに関して

こちらは「少しの間移転させる」場合に行うリダイレクトです。

「移行する前のページ」が検索エンジンの評価対象となります。

特別な理由がないのであれば、301リダイレクトを利用しましょう。

移行前のページを残しておく意味は基本的にありません。


●301リダイレクトによる転送の仕方は?

まずは、htaccessに書き込んでサーバーにアップしておく必要があります。

この作業が済んでから301リダイレクトをすることになります。

転送を行うURLには複数のパターンが存在します。

それぞれ紹介しますのでご覧ください。


○ドメイン単位

ドメインをチェンジした場合に実行する転送です。

↓と書くと、全部のページがリダイレクトされることとなり、どのページに訪れたとしてもオートで転送されます。

01:RewriteEngine On

02:Redirect 301 / (転送先の絶対パスURL)

また、ディレクトリを選んで、一部だけをリダイレクトの対象にすることもできます。


○ページ単位

「特定のページだけ転送させたい」という場合は、

↓と書きます。

01:RewriteEngine on

02:Redirect 301 (転送元の相対パスurl) (転送先の絶対パスurl)

「02」の行はいくつも書くことができるので、2件以上のページを対象としたい場合でも楽に設定することができます。

ちなみに、

「301」でなく「permanent」と記述しても同様の作業ができます。

また、「301」の部分を、「302」や「temp」にすると、先ほど紹介した302リダイレクトを行うことができます。


●URLの正規化に関して

また、301リダイレクトによってURLの正規化を行うことも可能です。

2件以上のURLから同一ページにたどり着くことができてしまうと、それぞれ別々のコンテンツだと判断されて、検索順位が下がってしまう場合があります。

ですから、URLの正規化も必ず済ませておきましょう。


○wwwの有無の正規化

wwwがあってもなくても同じサイトにたどり着けてしまうことがあります(サイトを作った直後のタイミングに多いです)。

ページの評価がバラけてしまうので、すぐに正規化しておきましょう。

01:<!– wwwありに統一 –>

02:Options +FollowSymLinks

03:RewriteEngine on

04:RewriteCond %{HTTP_HOST} ^itomakihitode\.jp$

05:RewriteRule ^(.*)$ http://www.itomakihitode.jp/$1 [R=301,L]

06:

07:<!– wwwなしに統一 –>

08:Options +FollowSymLinks

09:RewriteEngine on

10:RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.itomakihitode\.jp$

11:RewriteRule ^(.*)$ http://itomakihitode.jp/$1 [R=301,L]

早めにwwwをつけるかつけないかを決めて、一本化しましょう。




○index.htmlの有無の正規化

「index.html(php)」についてもwwwと同様のことが言えます。

外部リンクに手を加えることは不可能ですから、↓このように書いて正規化しておきましょう(もちろん内部リンクの正規化もしてください)。

01:<!– index.html(php)なしで統一 –>

02:Options +FollowSymLinks

03:RewriteEngine on

04:RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.(html|php)

05:RewriteRule ^(.*)index.(html|php)$ http://%itomakihitode.jp/$1 [R=301,L]

グーグルが「被リンク(外部リンク)は検索結果を決める重大なファクターです」と正式に述べています。

ですから、301リダイレクトを怠らないようにしましょう。


○301リダイレクトに関して気を付けるべきこと

・ネット利用者とクローラーで転送先のページが違う

・転送元と転送先のページの内容が全然違う

などに該当する301リダイレクトは違反行為です。

例えば、

「転送元:キーワードで釣ったようなページ」→「転送先:本命の商品紹介ページ」

という事をしているサイトがたまにあります。

これはグーグルのガイドラインを破っていますから、罰が与えられる可能性があります。

「ユーザーが引っ越し先のサイトにアクセスしやすいようにする」という本来の目的から離れる301リダイレクトは絶対にしないでくださいね。


●まとめ

「301リダイレクトをしないで、新しいサイトを作り、元のサイトは放置する」といった事をすると、これまで蓄積したSEO評価を引き継ぐことができません。

もちろん検索順位もダウンしますので、必ず301リダイレクトをしてください。

そして、作業が済んだらきちんと転送されるかどうかご自身で確認しましょう。