内部SEO対策

メタディスクリプションとは

30、メタディスクリプションとは

●meta description(メタディスクリプション)とは

headタグに「このページはどういう内容なのか」と書き入れるタグ情報のことをメタディスクリプションと言います。

ですから、ネット利用者や検索エンジンに伝わりやすい文章にしなければなりません。

ここでは、このメタディスクリプションに関して解説していきます。


●メタディスクリプションの記述方法

headタグの中に、メタディスクリプションを以下のように書き入れてください。

コンテンツの中身や魅力がパパっと分かるような文章にすることが大事です。

また、ページタイトルに沿うものにすることも重要です。

01:<meta name=”Description” content=”文章~~~~~~~~~~~~文章~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。” />

検索結果には、ページタイトルとそれを解説するディスクリプションが出ることになります。

ですから、「そのキーワードで検索したあなたが、知りたいと思っている情報がこのサイトにあります」と示すためにも、対策キーワードをディスクリプションに含めることが大事です。

文字数の関係でページタイトルに入らなかった文章をカバーしつつ、ネットユーザーの関心を引けるようなディスクリプションを作りましょう。

ただし、直接的なSEOの効果をメタディスクリプションが有しているわけではありません。

ですから、「ユーザーがクリックしたくなるように」という事だけ考えて作ればOKです。


●メタディスクリプションの文字数の目安

メタディスクリプションタグは120文字くらいまでにするのが目安です。

それ以上だと、最後のほうが「……」になってしまいます。

また、スマートフォンの場合は60文字くらいまでが限界で、

それ以降は「……」となります。

省略されないにしてもネットユーザーがディスクリプションを全部読んでくれるとは限りません。

ですから、キーワードやコンテンツの特徴・ポイントなどは最初のほうに書いておくことを推奨します。


●ディスクリプションがページ間で重複しないようにする

ページ同士でディスクリプションが被っていると、自動的に変更されて検索結果に反映されてしまう恐れがあります(この作業は検索エンジンが行います)。

こういったケースでのディスクリプションは「コンテンツの最初のほうから、文章を抜き出してきたようなもの」になる可能性が高いです。そのため、サイト管理者が望む文章にならない可能性が高いです。

こうなってしまうとクリックしてもらいにくくなる恐れがあるので、ページ間の重複がある場合は早めに修復しましょう。

「メタディスクリプションは直接的なSEO効果を有さない」とはいえ、手を抜くべきではありません。

ちなみに、サーチコンソールをチェックすれば重複の有無を知ることができます。

たびたび調べるようにしましょう。


●メタディスクリプションを変えた後にすべきこと

メタディスクリプションを作ると、検索エンジンがそれをデータベースに登録してくれます。そのため、メタディスクリプションを変えたのであれば、「クロールしてください」というアピールを「Fetch as Google(サーチコンソールにあります)」から出すことをおすすめします。

これにより、変えた後のディスクリプションが検索結果に出るようになります。

ただ、もちろんすぐに変更されるわけではありません。

また、クロール申請をしなくても、いずれはクロールしてもらえる場合がほとんどです。


●メタディスクリプションが変わってしまったときは?

ディスクリプションが変更されたケースに関してですが、実はサイト管理者側から修正すること不可能です。

そのため、コンテンツや記事のテーマをチェックして、ディスクリプションが内容にマッチしているか否かを判断して、直したものをアップロードして経過を見守ることになります。

ちなみに、ページタイトルも検索エンジン側の判断で変わってしまう可能性があります。

「ディスクリプションとコンテンツの内容が違う」となると、すぐに離脱されてしまうでしょう。それどころか、「もうこのサイトには行かないようにしよう」とユーザーに覚えられてしまう恐れも。

ただ、コンテンツの内容に合ったディスクリプションにしていれば勝手に変更されることはまずないのでご安心を。

ちなみに、このシステムを使って「グーグルにディスクリプションを作ってもらう」という方針にしているサイトも存在します。

これは「記事数が非常に多いサイト」に目立ちます。逐一ディスクリプションを作っていたら大変ですからね。


●まとめ

ここまでメタディスクリプションに関して解説しました。

直接的なSEO効果があるわけではありませんが、杜撰なものにしているとネットユーザーに愛想を尽かされて結果的に検索順位がダウンする恐れがあるので気を付けてください。