内部SEO対策

キーワード出現率とは

32、キーワード出現率とは

●キーワード出現率

「一つのページの文章における、対策キーワードが占める比率」のことをキーワード出現率と言います。

少し前までは「キーワード出現率○パーセントを目指す」など、露骨に計算して検索上位を狙うのがセオリーとされていました。

今でも「5パーセント程度であればペナルティの対象にならない」という意見もあるようです(国外のSEO解説サイトに目立ちます)。

ただ、近年では「具体的な数値にこだわってキーワードを使っても意味がない」というのが常識となりました。

今は、キーワードが入り過ぎていると、ペナルティが発生して「検索上位10番まで」から外されてしまう恐れがあります。

この場合は、キーワードが一切使われていないほうがまだ良いです。

そもそも、キーワードが多すぎるとサイト訪問者は離脱したくなりますからね。

実際、「複数のキーワードが一つの段落に入っている」と読まれなくなる可能性が上がります。

また、キーワードを過剰に使うと「キーワードに頼らないとやっていけないサイトなんだな」「安易なサイトだな」と思われてしまうかもしれません。

対策キーワードは、「テーマに関して分かりやすく説明するために自然に使う」のが最適です。