SEO対策その他

グーグルガイドラインとは

37、グーグルガイドライン

●グーグルガイドライン

グーグルが公式に述べているサイト管理者向けの情報のことを、「ウェブマスター向けガイドライン」と言います(2012年10月にアップデート)。

しかし、一般的には「グーグルガイドライン」と呼ばれることが多いです。

サイトを構築する際はこのグーグルガイドラインを守りましょう。

そうすれば、グーグルにインデックスされやすくなります。

グーグルガイドラインを破ると、検索結果に一切出なくなる恐れがあります。

(グーグルのインデックスから排除された状態です)

ですから、絶対にこのガイドラインを読んで理解してからサイトを作るようにしましょう。

ちなみにグーグルガイドラインは

1コンテンツとデザインについて、2技術面について、3品質面について

という3つのブロックでできています。


●グーグルガイドラインには何が書かれている?

グーグルガイドラインの中身を少し挙げていきますね。


○コンテンツとデザインについて

・理解しやすい階層のサイトを作る

・コンテンツを理解しやすく作り、情報が多く利便性の高いサイトにしていく

・サイトマップを作り、重要性の高いページへのリンクを書き入れる

・Alt属性とタイトルを正しく書き入れる(大事な画像にAlt属性をつける)

○技術面について

・AIがサイトをクロール可能なように調整する

・主要ブラウザできちんと表示されるかそれぞれチェックする

・重要性の低いページへのアクセスを防ぐためにrobotx.txtを活用する


○品質面について

・「ネット利用者にとって」使いやすいサイトを作る

・サイト訪問者のためにならないような誘導行為をしない

・不適切な方法で検索順位の上昇を狙わない

いずれも大事ですが、「品質面について」に関しては特にしっかりチェックしてください。

「クリーンなサイト運営・構築を心がけている」つもりでも、知らないうちにガイドラインを破っていることもあります。

グーグルガイドラインを守らないと、「検索順位が下がる」どころか、「検索しても表示されなくなる」ことさえあるので重々注意してください。

また、ガイドラインを破っているとグーグルから通知が来る場合があります。

ただし、グーグルウェブマスターツールを使っていないと通知がもらえないので、利用していない人は導入することをおすすめします。

サイトの調整をして「ガイドラインを守っているコンテンツ」にしたら、再審査リクエストをグーグルに送りましょう。

1:グーグルウェブマスターツールにログイン(この際、グーグルアカウントを使います)

2:再審査リクエストを出すサイトを選ぶ

3:再審査リクエストを出す

ただし、再審査リクエストを出したからといって絶対にインデックスしてもらえるわけではありません。