SEO対策その他

グーグルセーフブラウジングとは

38、Googleセーフブラウジングとは

●グーグルセーフブラウジング

グーグル全体の秩序を守るために、危険性のあるサイトを管理者や一般ネットユーザーに伝えるシステムのことを「グーグルセーフブラウジング」と言います。

「フィッシングサイト」や、「リスクのあるソフトウェアを強制的にダウンロードさせるサイト」等のリスクのあるサイトに行くと、警告文が出ます。

具体的なメッセージ内容はこちらで確認してください。

※安全でないサイトについての警告表示を設定する

1日に数十億個のURLがグーグルによってチェックされ、「リスクのあるサイト」とみなされるのはそのうち数千個にも及びます。

また、およそ10億名がセーフブラウジングを使っているとされています。


●サイトのチェックの仕方

「サイトステータスの確認」のページにアクセスし、危険性を調べたいURLを検索欄に書き込むとチェックすることができます。

危険性のないページの場合は

「安全でないコンテンツは見つかりませんでした」という文章が出ます。

しかし、危険性があるページの場合はそれとは違う文章が表示されます。

・このサイトをグーグルがチェックしたときの様子

・不正ソフトを拡散するフィールドになっていたか

・不正なソフトウェアのホストになっていたか

などを確認することができます。