平成27年国勢調査による10月1日現在の本市の人口は2,295,638人。平成22年と比べると、31,744人の増加(1.4%増)。 男性が1,133,640人、女性が1,161,998人。女性の方が28,358人多く、人口性比は97.6。 世帯数は1,058,497世帯。平成22年と比べると、37,270世帯の増加(3.6%増)。 昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めていたが、平成27(2015)年では夫婦のみの世帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と合わせると半数を超える状況である。 (2)子供との同居は減少している 核家族の割合は60%ほどで、国試ではよく問われます。 しかし、「夫婦と未婚の子のみの世帯」は30%、「単独世帯」が27%、「夫婦のみの世帯」が23.7%と実は単独世帯の増加に伴い、順位が変わってきています。 世帯の家族類型をみると,核家族世帯 (注) は422,956世帯(一般世帯の58.6%)で,このうち夫婦のみの世帯は173,198世帯(同24.0%),夫婦と子どもから成る世帯は181,429世帯(同25.1%)となっている。 また,単独世帯は257,593世帯(同35.7%)となっている。 北海道においては、三世代同居世帯割合が 2015(平成 27)年で 3.2%と、全国 の 5.7%に比べ 2.5 ポイント、平均世帯人員も全国の 2.33 人に対し、2.13 人と、 0.20 人下回っており、全国よりも核家族化が進行している状況にある。 核家族化の状況(全国・北海道) 推計期間は2015(平成27)年~2040(平成52)年の25年間である。推計は5年ごとに行っ た。 1 国立社会保障・人口問題研究所,『日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)-2010(平成22)年~2035(平 成47)年-(2014(平成26)年4月推計)』,研究資料第332号,2014年10月 65歳以上の者のいる世帯について見ると、平成29(2017)年現在、世帯数は2,378万7千世帯と、全世帯(5,042万5千世帯)の47.2%を占めている(図1-1-8)。. 平成・・年 千世帯 世 帯 数 人 平 均 世 帯 人 員 2.49 50,431 5.00 17,180 昭和・・年 結 果 の 概 要 Ⅰ 世帯数と世帯人員数の状況 1 世帯構造及び世帯類型の状況 平成26年6月5日現在における全国の世帯総数は5043万1千世帯となっている。 B, ‘–¯¶ŠˆŠî‘b’²¸‚̏ڍׂȓŒv‚Í‚±‚¿‚ç‚©‚ç(­•{“Œv‚Ì‘‡‘‹Œû(e-Stat)). (1)単独世帯の増加. 看護師国試過去問。【問題4048(第104回)】平成30年(2018年)の国民生活基礎調査で、世帯総数における核家族世帯の割合に最も近いのはどれか。看護師国試対策なら、看護roo! i 世帯数と世帯人員の状況 [153kb] . 18歳未満の児童がいる世帯のうち、核家族世帯は82.7%を占め、1986年の調査開始時の69.6%から増加傾向にあることが、厚生労働省が2018年7月20日に発表した「平成29年(2017年)国民生活基礎調査」の結果より明らかになった。 年には1,071 万世帯まで減少する.ただし一般世帯総数に占める割合は2015 年の20.2%から2025 年には20.7%,2040 年には21.1%と増加を続ける. 「夫婦と子から成る世帯」は,1985 年をピークに既に減少局面に入っているが,今後それが加速 ‚ׂĂ̓s“¹•{Œ§‚ÅŒ¸­‚µ‚Ä‚¢‚éB, ˆê”ʐ¢‘Ñ‚ð‰Æ‘°—ÞŒ^•Ê‚É‚Ý‚é‚ƁCŠj‰Æ‘°¢‘Ñ‚ª28,393,707¢‘сiˆê”ʐ¢‘ѐ”‚Ì57.9“j‚ŁC•½¬12”N‚É”ä‚×3.9“‘‰Á‚µ‚Ä‚¢‚éB‚±‚Ì‚¤‚¿u•v•w‚݂̂̐¢‘сv‚Í9,636,533¢‘сi“¯19.6“jCu•v•w‚ÆŽq‹Ÿ‚©‚琬‚鐢‘сv‚Í14,645,655¢‘сi“¯29.9“j‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¨‚èC•½¬12”N‚É”ä‚ׁu•v•w‚݂̂̐¢‘сv‚Í9.1“‘‰ÁCu•v•w‚ÆŽq‹Ÿ‚©‚琬‚鐢‘сv‚Í1.8“Œ¸­‚µ‚Ä‚¢‚éBi}8j, ˆê”ʐ¢‘Ñ‚Ì‚¤‚¿ˆêl•é‚炵¢‘сi’P“Ɛ¢‘сj‚Í14,457,083¢‘сi“¯29.5“j‚ŁC•½¬12”N‚É”ä‚×12.0“‘‰Á‚µ‚Ä‚¢‚éB, Šj‰Æ‘°¢‘Ñ‚ÌŠ„‡‚ªÅ‚à‚‚¢‚Ì‚Í“Þ—ÇŒ§‚Ì64.9“CŽŸ‚¢‚ōé‹ÊŒ§‚ª64.4“C•ºŒÉŒ§‚ª62.7“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBˆê•ûCÅ‚à’á‚¢‚Ì‚ÍŽRŒ`Œ§‚Ì46.8“CŽŸ‚¢‚Å“Œ‹ž“s‚ª51.0“C“‡ªŒ§‚ª51.3“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB, 65ÎˆÈãe‘°i‚—îe‘°j‚Ì‚¢‚éˆê”ʐ¢‘Ñ‚Í17,204,473¢‘тŁCˆê”ʐ¢‘ѐ”‚Ì35.1“‚ðè‚ß‚Ä‚¨‚èC•½¬12”N‚É”ä‚×2,159,865¢‘сC14.4“‘‰Á‚µ‚Ä‚¢‚éB‚±‚Ì‚¤‚¿CŠj‰Æ‘°¢‘Ñ‚Í8,414,948¢‘сi‚—îe‘°‚Ì‚¢‚éˆê”ʐ¢‘ѐ”‚Ì48.9“j‚Å23.8“‘‰Á‚µ‚Ä‚¢‚éB, ‚—îe‘°‚Ì‚¢‚éˆê”ʐ¢‘Ñ‚Å‚ÍŠj‰Æ‘°‰»‚̐is‚ƁCuˆêl•é‚炵‚—îŽÒv‚Ì‘‰Á‚ªŒ°’˜‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBi}9C}10j, uˆêl•é‚炵‚—îŽÒv‚ð’j—•Ê‚É‚Ý‚é‚ƁC’j«‚ª1,051,207lC—«‚ª2,813,571l‚ŁC—«‚ª’j«‚Ì2.7”{‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB‚Ü‚½Cuˆêl•é‚炵‚—îŽÒv‚ª65ÎˆÈãlŒû‚ɐè‚߂銄‡‚́C’j«‚ª9.7“C—«‚ª19.0“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¨‚èC‚—î’j«‚Ì–ñ10l‚É1lC‚—«‚Ì–ñ5l‚É1l‚ªˆêl•é‚炵‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB, ‚—î•v•w¢‘Ñ‚Í4,487,042¢‘тŁC‚—îe‘°‚Ì‚¢‚éˆê”ʐ¢‘ѐ”‚Ì26.1“‚ðè‚ß‚Ä‚¨‚èC•½¬12”N‚É”ä‚×825,771¢‘сC22.6“‘‰Á‚µ‚Ä‚¢‚éBi}10j, ‚—îe‘°‚Ì‚¢‚éˆê”ʐ¢‘Ñ‚ÌŠ„‡‚ªÅ‚à‚‚¢‚Ì‚ÍŽRŒ`Œ§‚Ì51.7“CŽŸ‚¢‚ŏH“cŒ§‚ª51.2“C“‡ªŒ§‚ª49.6“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¨‚èC“ú–{ŠC‘¤‚ÌŠeŒ§‚ō‚‚­‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBˆê•ûCÅ‚à’á‚¢‚Ì‚Í“Œ‹ž“s‚Ì28.0“CŽŸ‚¢‚Ő_“ސ쌧‚ª28.4“C‰«“ꌧ‚ª29.8“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBi}11j, 65ÎˆÈãlŒû‚ɐè‚ß‚éuˆêl•é‚炵‚—îŽÒv‚ÌŠ„‡‚ªÅ‚à‚‚¢‚Ì‚ÍŽ­Ž™“‡Œ§‚Ì22.2“CŽŸ‚¢‚Å“Œ‹ž“s‚ª21.7“C‘åã•{‚ª20.9“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBˆê•ûCÅ‚à’á‚¢‚Ì‚ÍŽRŒ`Œ§‚Ì8.1“CŽŸ‚¢‚ŐVŠƒŒ§‚ª9.2“C•ŸˆäŒ§‚ª9.7“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB, ‚—îe‘°‚Ì‚¢‚éˆê”ʐ¢‘ѐ”‚ɐè‚߂鍂—î•v•w¢‘Ñ‚ÌŠ„‡‚ªÅ‚à‚‚¢‚Ì‚Í–kŠC“¹‚Ì33.3“CŽŸ‚¢‚ÅŽ­Ž™“‡Œ§‚ª33.2“C‹{èŒ§‚ª30.9“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éBˆê•ûCÅ‚à’á‚¢‚Ì‚ÍŽRŒ`Œ§‚Ì16.6“CŽŸ‚¢‚ŐVŠƒŒ§‚ª19.4“C•Ÿ“‡Œ§‚ª19.5“‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚éB. 1年次別の所得の状況; 2所得の分布状況; 3世帯主の年齢階級別の所得の状況; 4所得の種類別の状況 0.4 3. 平成30年5月11日 国勢調査のオーダーメード集計サービスの利用開始年次(平成27年 世帯構造等基本集計)を追加しました。 平成29年12月13日 平成27年国勢調査 抽出詳細集計及び従業地・通学地による抽出詳細集計を公表いたしました。 世帯: 全世帯に 占める割合 (%) 単独世帯: 核家族世帯: 三世代世帯: その他の 世帯: 児童のいる 世帯の 平均児童数: 総数 . 昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めていたが、平成28(2016)年では夫婦のみの世帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と合わせると半数を超える状況である。 (2)65歳以上の一人暮らしの者が増加傾向 また、1世帯当たりの人員は2.26人で、平成22年と比べ0.05人減少となりました。 5.世帯の家族類型 核家族世帯は160,380世帯(一般世帯の59.0%)で、平成22年と比べ5,018世帯、3.2%増加しました。 )のいる世帯を世帯構造別にみると、「核家族世帯」が31.4%で最も多く、次いで「単独世帯」が26.1%、「三世代世帯」が22.5%となっている。 1世帯構造及び世帯類型の状況; 265歳以上の者のいる世帯の状況; 365歳以上の者の状況; 4児童のいる世帯の状況; ii 各種世帯の所得等の状況 [119kb] . 65歳以上単独世帯の割合(pdf:2,004kb) 平成22年. 【必修】平成24年(2012年)国民生活基礎調査で、世帯総数における核家族世帯の割合はどれか。 1. 昭和55(1980)年では世帯構造の中で三世代世帯の割合が一番多く、全体の半数を占めていたが、平成29(2017)年では夫婦のみの世帯が一番多く約3割を占めており、単独世帯と合わせると半数を超える状況である. 核家族世帯の分類については、下記の定義をご覧ください。 なお、国民生活基礎調査は、毎年実施されていますが、都道府県別の調査は3年に一回の大規模調査でのみ実施されます。 [カンゴルー] 表7-29 性,年齢(5歳階級),家族類型別世帯人員割合:2010,2015年 表7-30 性,年齢(5歳階級)別単独世帯数および率:1980~2015年 表7-31 外国人のいる世帯の家族類型,世帯主の国籍別一般世帯数および世帯人員:2015年 0.8 ―――以下解答――― (解答)3 <解説> 核家族世帯の割合は60.2%で、増加傾向に … 未婚率の増加や、核家族化の影響を受けて、単独世帯(世帯主が一人の世帯)が増加している。2040年には単独世帯の割合は約40%に達すると予測されている( 図表4-1-1-1 )。特に、65歳以上の単独世帯数の増加が顕著である。 1世帯当たり人員(一般世帯)(pdf:1,911kb) 核家族世帯の割合(pdf:1,920kb) 単独世帯の割合(pdf:1,932kb) 65歳以上世帯員のいる世帯の割合(pdf:1,919kb) 65歳以上単独世帯の割合(pdf:1,939kb) 平成17年. 0.6 4. 02b-q02 核家族世帯の数 総務省統計局が5年ごとに10月1日現在で実施している「国勢調査」により、核家族の世帯数を昭和45年調査から調べることが … 増える核家族と単身世帯…種類別世帯数の推移をグラフ化してみる(最新)のニュースを紹介。 厚生労働省では2020年7月7日付で、令和元年(2019年)版となる「国民生活基礎調査の概況」を発表した。 0.2 2. 世帯の家族類型(16区分),世帯主の年齢(5歳階級),世帯主の男女別一般世帯数及び一般世帯人員(3世代世帯,間借り・下宿などの単身者及び会社などの独身寮の単身者-特掲)( 一般世帯人員 ) 福岡市(37kbyte) ,行政区(212kbyte) 表Ⅰ-1.本推計と国勢調査の世帯の類型 ~127(2115)年 平成29 年推計』人口問題研究資料第336 号,2017 年7月. 3 「その他の一般世帯」は,国勢調査の家族類型で「核家族以外の世帯」と「非親族を含む世帯」から成るが,後者の また、「核家族世帯」の割合も、1980(昭和55)年の60.3%をピークにやや低下傾向にあり、2005年は57.9%となっている。他方、「単独世帯」の増加は顕著であり、1975(昭和50)年の19.5%から2005年には29.5%に上昇している。 ここから本文です。 (最終更新)平成28年12月16日. 一般世帯のうち一人暮らし世帯(単独世帯)は14,457,083世帯(同29.5%)で,平成12年に比べ12.0%増加している。 核家族世帯の割合が最も高いのは奈良県の64.9%,次いで埼玉県が64.4%,兵庫県が62.7%となっている。�