海外で購入したSIMロックフリーのiPhoneを、日本の携帯電話事業者(MVNO含む)と契約して利用することはできますか? Androidスマートフォンでは、Google PayでもSuicaをご利用いただけます。全国各地の鉄道、バス、お買い物などでご利用いただけるほか、JRE POINTを貯めたり、タッチでGo!新幹線(チャージ残額で新幹線の自由席にご乗車いただけるサービス)をご利用いただくことも可能です。 Suicaを新しい端末に移行するには、Google Payアプリの操作では行えません。モバイルSuicaアプリが必要です。 なお、引き続きSuicaをGoogle Payアプリで利用されたい場合、新しい端末がGoogle PayのSuicaの対応機種であることをご確認のうえ、以下の順序でSuicaの移行を行ってください。 Google Pay のSuicaでJRにのってJRE POINTをもらおう!2%ポイントプレゼント!! キャンペーン期間中、Google Pay のSuicaをJRE POINTに登録してJR東日本線に乗ると50円ごとに1ポイント(1円相当)がたまります! キャンペーン好評受付中 Google Pay(グーグルペイ)はGoogle Playからアプリをダウンロードすれば、すぐに利用する事ができますよ。 Google Pay(旧Android Payアンドロイドペイ)には、果たしてApple Pay(アップルペイ)にない魅力があるのでしょうか?次章よりサービスの始め方や機能に迫ります。 Google Payがスタートして以 … 日本国内のQUICPay(クイックペイ)、QUICPay+(クイックペイプラス)加盟店で利用できます。 Google Pay(グーグルペイ)経由でのご利用の場合、1回あたりの利用可能金額はQUICPay+の場合でも、 29,999円(税込)に制限されますのでご注意ください。 なので、機種変更する際はしっかりと残高を使い切るようにしましょう。 Google のスマートフォン Pixel シリーズをチェックしてみてください。あなたのライフスタイルに合う商品をお楽しみください。 楽天ペイメントとJR東日本は、「楽天ペイ」アプリで「Suica」の機能を利用できるサービスを5月25日から開始した。楽天ペイアプリ内でSuicaの発行やチャージができるほか、同アプリで全国の鉄道約5,000駅、バス約5万台や、交通系電子マネーとして約94万店舗で「Suica」による支払いが可能 … 近年、キャッシュレス決済市場は大幅に拡大し、様々なシーンで展開をし続けています。特にスマホをかざすだけで決済可能な、「Apple Pay」や「Google Pay」は非常に便利な決済方法として、若者を中心にさらに注目を集めています。しかし、両者の違いは曖昧になりがちです。そこで今回の記事では、「Apple Pay」と「Google Pay」の主な特徴と、両者にどのような違いがあるのかをご説明していきます。, Apple Pay(アップルペイ)とは、2016 年から日本で開始されたキャッシュレス決済サービスです。iPhone や AppleWatch などで利用可能で、iPhone の標準アプリである『ウォレット』内に「Suica」や「クレジットカード」の情報を入れ込むことで、お店や公共機関でのオンライン決済が可能になります。, Google Pay(グーグルペイ)とは、Android 端末用の決済サービス「Android Pay」と、Google Play ストアなどで使う送金サービス「Google Wallet」の機能を統合した決済サービスです。Google Pay が対応しているのは、おサイフケータイに対応している Android 端末です。, ※おサイフケータイとは?ー埋め込まれた IC チップを使い、携帯電話をかざすだけで決済ができる日本独特のサービスのことです。, Apple Pay と Google Pay の大まかな違いは、「Apple Pay」がiPhone 対応で、「Google Pay」がAndroid 対応と覚えておくと良いでしょう。また、対応している電子マネーにも違いがあります。Apple Pay が「Suica」「iD」「QUICPAY」なのに対し、Google Pay の場合はそれらに加えて「WON」「Edy」「nanaco」にも対応しています。, Apple Pay については、上記で記述した通りですが、では実際に使用した場合、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。, Apple Pay のメリットと言えば、現金を持ち歩かずにスマホだけで決済ができる点です。Suica などの電子マネー情報を読み込む機能があるおかげで、スーパーなどのちょっとしたお買い物や、交通機関を利用する際の改札の出入りにも、お財布を持ち歩く手間がなくなり、荷物を減らすこともできます。, また、財布を忘れたり、落としてしまった場合でも、支払に困ることもありません。万が一の場合に対応するという意味でも、メリットは大きいと言えるでしょう。また、Apple Pay は以下のマークがあるお店で利用可能です。, Apple Pay に対応しているアジア太平洋地域の銀行とクレジットカード/プリペイドカード, Apple Pay が搭載されている、Apple の標準アプリである『Wallet(ウォレット)』を使えば、搭乗券やチケットを一括管理できることも、Apple Pay を使う重要なメリットと言えます。また、ANA を利用するときに、チェックインをスキップできる「スキップサービス」があることも魅力的です。, ※スキップサービス ー 事前に予約・購入・座席指定をお済ませいただいたお客様が、保安検査場に直接お進みいただけるサービスのことです。, このようなスキップサービスを活用すれば、わざわざ列に並んで手続きをすることなく、空港で長時間待たされるといった課題が解決されます。, 標準アプリである『Wallet(ウォレット)』内には、クレジットカードや公共交通機関のICカード以外にも、スタンプカードやポイントカード、イベントチケットや会員証などのカード類『ウォレットパス』を追加し保管することも可能です。お財布を嵩張らせてしまう原因にもなる紙やプラスチックのカードをデジタル化することで、無くす心配も保管する負担も軽減されます!, Apple Pay は、主要な電子マネーである「楽天 Edy」や「WAON」に対応していません。これらの電子マネーを愛用している方にとっては、Apple Pay を使用するメリットは高くないでしょう。また、それに応じて Apple Pay が使える店舗が限られる点もデメリットと言えます。Apple Pay は「Suica」や「QUICPay」「iD」に対応しているので、コンビニをはじめ多くの店舗で使用できるのも事実です。しかし、「Suica」や「QUICPay」「iD」に対応していない店舗も多数存在するため、そのようなお店を頻繁に利用するならば、有用性は高くないかもしれません。, Apple Pay に続き、ここでは Google Pay のメリット・デメリットを紹介します。Google Pay と Apple Payを比較したいときに参考にしてください。, G連携サービスが多く、様々な実店舗・ECサイト・公共交通機関などで利用できます。Google Payを使うと、各サービスのポイントがいっそう貯まりやすくなります。, 決済時に支払い方法としてGoogle Payを選択できることがあります。 COPYRIGHT © KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED. GooglePay(グーグルペイ)のアプリはiPhone(iOS)で使える? GooglePayってiPhoneでも使えるの…? という疑問について、結論一部の条件を満たしていれば通販サイトやGooglePlayなどでのWEB決済が可能ですが、基本的にiOS版のアプリは日本では対応しておらず、アメリカのみとなっていま … なお、機種変更すると新しい端末でもまたGoogle Payにカードを登録しなければならないので、そこがやや手間となりえます。, ①発行されたパスをインストール Google Payは、 QUICPayに対応したお店すべてで 使えます! JCBカードをGoogle Payに追加すると、クイックペイとして使うことができます。日本全国のQUICPayマークやQUICPay+マークのあるお店ならどこでもクイックで簡単なお支払いができます。 もちろん、KINCHAKUのウォレットパスもGoogle Payで管理できます。, GooglePayでは、機種変更をするとその残高を利用できなくなってしまいます。 専用のページから Google Pay のアカウントを作成。普段使っているクレジットカードを登録してください。利用できるクレジットカードを登録した後は、チャージしたい金額をチャージするだけ。これであなたのウォッチに、いつでも使える Suica が備わります。 一般的に、クレジットカードで支払う場合は、クレジット番号やセキュリティーコードの入力が必要です。Google Payで決済をすれば、財布からカードを取り出して、番号を確認する手間が省けます。, Google Payには、決済用のカード類を複数登録できます。所持しているクレジットカード、電子マネー、交通系ICカードをすべて登録し、Google Payで一括管理することも可能。 仮に多額の残高が残っている状態で機種変してしまうと、その残額を全てロスしてしまうことにもなりかねません。 Google Pay(グーグルペイ)ならiDで。スマホにお持ちのiD対応のカードを設定するだけでお店での支払いが可能です。いますぐGoogle PayでiDを始める方への設定方法や使えるお店の情報を掲載。 最適な支払い方法が選べます。下取りを 利用 すると、 割引価格で 購入できます。 今使って いる通信キャリア 向けに、新しい iPhoneの 利用 開始設定をしたい時も おまかせ ください。 すぐに 使える ように、 セットアップ も Apple Payを使えば安全に、簡単に、プライバシーを守りながら、お店、アプリ内、Safariを使ったウェブ上でショッピングができます。SuicaとPASMOにも対応しているので、日本全国の交通機関に乗ることもできます。 iPhoneを用いた電子マネーやクレジットカードの決済サービスが日本で導入されてから4年以上が過ぎた。Apple Payは徐々に進化を遂げてきたが、どのようなサービスを利用できるのか、そして利用上注意すべき点はどこにあるのかをあらためて、おさらいしておこう。 Apple Pay(アップルペイ… QUICPay with Apple Pay iPhoneとApple Watch Seriesで、いますぐ始めよう。Apple PayはQUICPayマークのお店で使えます。コンビニやスーパー等いつものお店でスムーズ・安全にお支払いができ、多くのカード発行会社に対応しています。 iPhoneを 購入する なら Appleで。 理由を 紹介します。. Androidスマホをなくした時に役立つ『端末を探す』機能 使い方や設定方法を解説. ⑤Google Payを起動 ③ブラウザ上に表示, ④「アプリをダウンロード」をクリック Google Payを利用するには、基本的には ・おサイフケータイ®対応のAndroidスマホ ・Google Payアプリ. Google Pay(グーグルペイ)はAndroid(アンドロイド)、Apple Pay(アップルペイ)はiPhone(アイフォン)で使用しますが、いずれもおサイフケータイの機能がベースとなっています。 おサイフケータイは日本の電子決済の基本. Google Pay の導入は簡単です。Google Pay が提供する新しい支払いプラットフォームを導入すると、サイト、アプリ、店舗で顧客による支払いがより簡単になり、ビジネスの可能性もより広がります。 ②「スマートフォンに保存」をクリック Google Pay(グーグルペイ)は「アンドロイド搭載スマートフォンを使った決済方法」です。レジでスマートフォンをかざすだけ! という簡単な支払い方法に、利用を検討する人も増えています。2016年12月に、楽天Edyに対応した「Android Pay(アンドロイドペイ)」としてサービスがスタートしました。 Apple Pay(アップルペイ)とは、2016 年から日本で開始されたキャッシュレス決済サービスです。iPhone や AppleWatch などで利用可能で、iPhone の標準アプリである『ウォレット』内に「Suica」や「クレジットカード」の情報を入れ込むことで、お店や公共機関でのオンライン決済が可能 … 「PAY」と名のつくサービスが広く普及し、日頃からQRコード決済を利用している人も多いだろう。しかし、モバイルSuicaや楽天Edyなど、非接触決済の利便性は捨てがたいもの。, この非接触決済、従来はおサイフケータイ®アプリを使う必要があったのだが、ここ数年でApple PayやGoogle独自の「Google Pay(グーグルペイ)」など、スマホの進化にともない利用できることも増えてきた。そこで本記事では、Google Payの使い方や設定方法、機種変更時に必要な設定などを紹介する。, Google Payは、Android端末で使用できるスマホ決済サービスのこと。かざすだけで通信ができるNFC(Near Field Communication:近距離無線通信)に対応しており、QRコードやバーコードを表示させる必要がなく、専用リーダーにスマホをかざすだけで決済できるのが特徴だ。, Google Payでは現在、Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICKPay、iD、VISAタッチ決済という7つの電子マネーが使用できる。, さらに、Tカードをはじめとする小売事業者が発行するポイントカード、特典カード、メンバーシップカード、ギフトカード、スペシャルオファー(クーポン、プロモーション、割引など)のデジタルコピーを保存でき、ポイントを貯めたり使ったりできる。また、JALの航空券も表示できるなど、利便性が高いサービスとなっている。, が必要になる。現時点(2020年2月)の日本ではiPhoneでiOS版のGoogle Payアプリをインストールできないので、対象はAndroidスマホユーザーがメインとなるだろう。Visaタッチ決済はおサイフケータイ®(FeliCa)非対応でも、NFCを搭載するスマホなら利用可能だ。, また、Suica、nanaco、楽天Edy、WAONの電子マネーでは、クレジットカードを登録しておくと直接チャージも可能となる。もちろん、コンビニなどで現金からのチャージもできる。, 最近のAndroidスマホであれば、最初からプリインストールされているが、なければGoogle Payアプリをダウンロードしよう。その後は、画面の指示に従っていけば迷うことはないだろう。ここでは例として、Suicaを登録する手順を説明する。, Google Payアプリを起動し、[使ってみる]をタップして追加する電子マネーを選択。, 必要事項を記載し、電子マネーアカウント(Suica)を作成。選択した電子マネーが使用できるようになる。, なお、機種変更などで、すでにSuicaアカウントを登録済みの場合には、この手順ではアカウントを作成できない。後述する機種変更の手順を参照してほしい。, チャージは基本的にクレジットカードか現金で行うが、nanacoなどチャージには別途専用アプリでの登録が必要なものもある。, すでにGoogleアカウントにクレジットカードが登録されている場合には、それを利用することでGoogle Pay内でチャージできる。未登録の場合には、初回利用時にクレジットカード情報を登録しよう。現金の場合は、加盟店の一部(コンビニなど)でチャージすることができる。, Google Payに登録されている電子マネーの残高は、機種変更後も引き継ぐことができる。ただし、電子マネーごとに引き継ぎ手続きが必要となるので注意しよう。基本的には、いったん各事業者のサーバーに残高を移し、それを新機種で受け取るという流れだ。また、引き継ぎ作業には、各電子マネーの専用アプリから行うことになる。, 機種変更前のスマホでモバイルSuicaアプリを開いたら、[その他]>[会員メニュー]を開いてログイン。, 「携帯情報端末の機種変更を受け付けました」と画面にでれば、旧端末での移行作業は完了。この時点で旧端末ではSuicaは利用できなくなる。, 新しいスマホでモバイルSuicaをダウンロード。[再発行・機種変更の方はこちら]から、移行に使ったアカウントでログイン。, [初期設定する]>[実行する]をタップ。「携帯情報端末の機種変更が完了しました」と表示されたら完了。, Google Payは便利な決済方法だが、注意点もある。設定方法とあわせて覚えておいてほしい。, 使用しているスマホの機種にもよるが、電源が切れている場合でも、わずかに残ったバッテリーを利用し、基本的にはGoogle Payは使用できる。ただし、電源切れからしばらく経ち、完全にバッテリーがなくなっている場合には利用できないので注意しよう。, Google Payはスマホのロックを解除しなくても利用できる。このため、スマホの紛失・盗難の際に不正利用の心配もある。そういう場合には、他の端末やPCなどから「端末を探す」を使って[スマホを検索]>[ロック]>[消去]を行おう。そうするとGoogle Payが使用できなくなる。Google Payに登録したカード発行会社に連絡し、クレジットカードを止めるのも忘れないようにしよう。, さまざまな電子マネーやクレジットカードを一括で管理でき、個々のアプリで確認しなくても残高を一覧できるのは、おサイフケータイ®アプリにはないメリットだ。まだ使ったことがない人は、ぜひその便利さを体感してほしい。, TIME&SPACEの最新情報やイチオシ情報をメルマガで! 日本国内のQUICPay™(クイックペイ)加盟店で利用できます。使えるお店はQUICPayサイトをご確認ください。 また、Google Payに対応したオンライン上のJCB加盟店で利用する際は、Google™アカウントにJCBカードが登録されている必要があります。 Google Pay の設定方法. 5月から新たにSuica、WAONという2つの電子マネーが追加された「Google Pay」 そこで、今回はおさらいの意味も込め、Google Payの仕組みやメリット・デメリット、Androidスマホに搭載されている「おサイフケータイ」やiPhoneの「Apple Pay(アップルペイ)」との違いなどについて整理し … もっと詳しく. ②「スマートフォンに保存」をクリック ⑥「パス」に保存されている確認, ブラウザ上でもウォレットパスを表示することは可能です。但し、Google Payで一括管理することをお勧め致します。, ※KINCHAKUのウォレットパス利用の場合はAndroid OS6.0以上が必要です。モトローラ機種には対応しておりません。, いかがでしょうか。今回は、Apple PayとGoogle Payの違いについてまとめました。どちらを利用しようか迷っている方にとって役に立てたなら幸いです。, クラウドサービス KINCHAKU では、iPhone標準アプリである「Wallet (ウォレット)」とAndroidで使われる「Google Pay」に対応したスタンプカードや割引券、チケットなどのウォレットパスの発行から運用までを簡単に行っていただけます!. Google Play Storeで始まったGoogle Play Pointsとは、有料アプリの購入やアプリ内で課金をする人に、とてもおトクなポイント制度です。今回はポイントの貯め方や使い方などをご紹介します。 Google Pay(グーグルペイ)とはAndroidPay(アンドロイドペイ)とGoogleWallet(グーグルウォレット)が一つになった新しいGoogleの決済サービスのことです。Google Payについてメリット・デメリットから楽天PayやAmazonPayとの違いを考察してみました。 Apple Pay(アップルペイ)ならiDで。Apple Payならお持ちのクレジットカードをお持ちのiPhoneに設定するだけで簡単にiDをはじめられる。いますぐApple PayでiDを始める方への設定方法や使えるお店の … ③「アプリを開く」をクリック, ①発行されたパスをインストール