①アメリカ 州別人口ランキング(2018) 第一位:カリフォルニア州 3,956万人. Other indicators visualized on maps: (In English only, for now) Adolescent fertility rate (births per 1,000 women ages 15-19) 2 人口. アメリカ合衆国の2012年7月現在の総人口は、313,870,154人で、中国、インドに続き世界で3番目に人口の多い国となっています。総人口は2006年に300,000,000人を越えました。 男女比は50.8% が女性、49.2%が男性となっています。 アメリカの人口・就業者・失業率の推移 日本の人口・就業者・失業率の推移 ツール一覧. ページtopへ. 週間アクセス数top10. 3億2775万人(2018年5月 米国国勢局) 3 首都. アメリカ合衆国の総人口、3億人を突破 . 主として英語(法律上の定めはない) 5 宗教. 7月4日(独立記念日) 7 略史. アメリカが強い経済力と軍事力を持っている大国であることは周知の事実ですが、アメリカの人口や面積を知っているでしょうか。アメリカの人口や人口密度、人口の推移、日本との比較などをまとめました。これを読めば、もっとアメリカを身近に感じることでしょう。 人口100,000人以上の都市. 6 国祭日. 信教の自由を憲法で保障,主にキリスト教. 米国の州別の人口は? 米国の州や郡の人口、人種構成、ビジネス、地理などの簡便な情報を入手するには、米商務省国勢調査局のページ quickfacts.census.gov をご覧ください。 ワシントンd.c. 【アメリカ州別人口推移リンク一覧】 【a】 アラバマ州 アラスカ州 アリゾナ州 アーカンソー州 【c】 カリフォルニア州 コロラド州 コネチカット州 【d】 デラウェア州 ワシントンd.c. 以下は2010年4月1日に行われた国勢調査の結果、人口が10万人以上であった282都市を一覧にしたものである 。. 【人口・面積・人口密度】 全都道府県市区町村 【人口推移】 全都道府県市区町村 市町村合併・廃止市町村・旧市町村 世界 264の国・地域 アメリカ州別 イギリス 中国直轄市・省・自治区別 【人口ピラミッド】 全都道府県市区町村 【人口動態】 アメリカ合衆国の人種構成と使用言語(Race and ethnicity in the United States)の人口は2010年の時点で約3億人で、移民により成り立った多民族国家であり、人種も民族も多様で様々な言語が使われている。 ここではアメリカ合衆国国勢調査局の情報を基に人種・民族構成と使用言語について記述する。 アメリカ国内の新型コロナウィルス(covid-19)感染状況、州別感染者数、州知事命令などの情報をcnnの情報を元に日々更新して提供。数値は、米ジョンズ・ホプキンス大データを利用。渡航規制や入国規制などの情報もまとめています。 国勢調査局の人口一覧は、アメリカ本土の50の州とコロンビア特別区のみに限定されるため、人口10万人以上のプエルトリコの都市は個別に以下に記載した。 アメリカ合衆国国土安全保障省の人口予測では2010年から2060年にかけて総人口は36%増化するが、非ヒスパニック系白人は9%減で2040年代には半数を切る。その他は増加が続き、ヒスパニック系は155%増で2060年には全人口の3割に達する。 アメリカは、北アメリカに位置する、人口316,128,839人、面積9,826,675平方キロ(海外領土を除く)の国(地域)です。アメリカについておすすめ、人口と面積、健康と病気、医療体制と医療費、タバコと煙害、飲酒の習慣とアルコール. 米国の州別の人口は? 米国の州や郡の人口、人種構成、ビジネス、地理などの簡便な情報を入手するには、米商務省国勢調査局のページ quickfacts.census.gov をご覧ください。 人口ピラミッド: アメリカ合衆国 - 2020. 4 言語. 2019年の世界の高齢化率(高齢者人口比率)国際比較統計・ランキングです。各国の高齢化率と国別順位を掲載しています。高齢化率は総人口に対する65歳以上人口の比率。時系列データは1990-2019年ま … 出典:『ウィキニュース』(ベータ版) ナビゲーションに移動 検索に移動 【2006年10月17日】 1790年から2000年までのアメリカの総人口の推移. アメリカ合衆国の人口は2018年現在約3億2300万人と中国、インドに次いで世界3位の人口を抱えています。年々様々な国から移民が集まり人口増加率の高い国の1つです。今回はそんなアメリカ合衆国の都市別の人口ランキングトップ50をご紹介します! 主要都市は、ロサンゼルス(399万人)、サンディエゴ(143万人)、サンノゼ(103万人)、サンフランシスコ(88万人)、フレズノ(53万人)などが続きます。