(2)人口構成, 2014年の年少(0~14歳)人口比率は12.8%である。現状を基準にした国立社会保障・人口問題研究所の中位推計では、2060年には年少人口比率は9.1%まで低下し、その後同程度の水準で推移し続けることが見込まれる。, 生産年齢(15~64歳)人口比率は61.3%である。同じ推計では、2060年には50.9%まで低下し、その後も微減を続ける。, 高齢化率(65歳以上)は26.0%である。現状のままでは、2060年には39.9%にまで上昇し、その後も微増を続ける。, 2030年までに合計特殊出生率が2.07に回復した場合、年少人口比率は2020年頃に12.7%となり、その前の年から0.1ポイント上向いており、トレンドに変化がみられ、その後、2060年には15.6%、2110年には17.2%にまで回復すると推計される。, 同様の場合、生産年齢人口比率は2050年代初めに上昇のトレンドに変化し、その後、2060年には51.4%、2110年には56.2%にまで回復する見込みである。, 高齢化率は、出生率が回復した場合、2040年代後半にピークアウトし、2060年には33.0%、2110年には26.6%まで低下すると推計される。, 2060年(中位推計)-現状のまま推移すれば、2060年には現役世代(20~64歳)は47.3%、高齢者(65歳以上)は39.9%となり、花瓶形の人口ピラミッドが形成されると見込まれる。, 2060年(出生率回復)-2030年に合計特殊出生率が2.07まで上昇し、それ以降同水準が維持されると仮定した場合、人口ピラミッドの形は改善され、各年齢区分でバランスの良い長方形に近い形となる。, もし50年後に1億人程度の人口規模が維持されると仮定した場合、その時点の人口構造は65歳以上が3分の1、65歳未満が3分の2となり、年齢階層数と年齢階層別の比率がほぼ等しくなって、人口の不均衡はほとんど解消される。この場合、不均衡が続く場合に比べて格段に様々な課題に対する解決の道筋がつけやすくなると考えられる。, 総務省「人口推計」によると、2014年10月1日現在の日本の総人口は1億2,708万人、そのうち65歳以上の高齢者人口は3,300万人、高齢化率は26.0%で、高齢者の人口・割合共に過去最高となっている。また、75歳以上の人口は1,592万人、人口比率は12.5%である。一方で、年少人口(0~14歳)は1,623万人、人口比率は12.8%、また、厚生労働省「人口動態統計」における2014年(概数)の新生児数は100万人となり、いずれも過去最低となっている。生産年齢人口(15~64歳)は7,785万人である。, 戦後から1960年前後にかけての日本は、戦後復興による急速な経済発展、医療技術の進歩、栄養や生活環境の改善により、人々の生活水準が向上したほか、福祉の面においても、生活保護や児童福祉、障害者福祉等の施策が推進された。かつての家庭では、家計を支えるために多くの子どもを持つ傾向が強かったが、人々の生活が豊かになるにつれて、子どもの数は次第に減っていった。, 戦後の出生率は低下し続けていたが、1957~58年頃から徐々に低下は収まりはじめ、1960年頃から暫くの間は出生率2.0前後で推移した。出生数が減ることにより年少人口の割合が減った結果、日本の人口ピラミッドは底広の三角形から底が縮んだ壺形へと変化している。また、1960年前後は死亡率の低下も落ち着いた時期でもあり、それまでの多産少死から少産少死段階へと人口転換が進むことになった。, 1960年以降、出生率はほぼ横ばいのまま推移していた。団塊の世代が親年齢になった時期である1971~74年には、第二次ベビーブームにより、毎年200万人を超える出生数がみられ、1970年代に入って2.1程度の合計特殊出生率を維持していたが、オイルショック後の1975年に2.0を割り込み1.91まで下がり、それ以降一層の出生率の低下が続いた。また、平均寿命の延伸や社会保障の充実等により65歳以上の高齢者層も次第に厚みを増してきている。, 低下し続ける出生率は1982~84年にやや回復したものの、1985年以降、再び低下すると、バブル経済期を通じて出生率の低下傾向は続いた。現在に至る少子化の始まりといえる。1989年にはひのえうまの年(1966年)の合計特殊出生率1.58を下回る「1.57ショック」が起きるなど少子化が社会的に強く認識されるようになった。第二次ベビーブーム以降、出生数は減少を続けたため、1990年頃には人口ピラミッドは不安定な壺形へと変わり始めた。, 1990年代以降、バブル経済崩壊後の経済停滞期を通じて、合計特殊出生率の低下はさらに進み、1993年には1.46と1.5を割り込み、出生数も118.8万人と120万を割り込んだ。また、65歳以上の高齢者層が13.6%と厚みが更に増す一方で、年少人口比率は16.7%まで低下した。, さらに2003年には1.29と1.3を割り込むまで合計特殊出生率は低下し続け、2006年からは若干回復しているものの、1.3~1.4程度で推移している。既に子どもを産む若い女性の人口が減少しているため、出生数の減少は続いており、一方で、団塊世代は2012年から65歳を超え始め、団塊ジュニア世代は40歳代に入り始めており、人口ピラミッドの壺形から花瓶形へ変わりつつある。2014年の出生数(概数)は約100万人と戦後最低の出生数となり、100万人を切るところまで近づいている。, 日本は1985年以降、急激に少子高齢化が進行し、2010年時点でドイツを抜いて世界1位の高齢化国となった。高齢化率が7%を超えると高齢化社会と言われるが、日本は1970年に7.1%で、その後も高齢化率は上昇し続け、1994年には14.1%となっており、7%台から2倍の14%台となるまでの期間は24年である。同様に国際比較するとドイツが40年、イギリスが46年、スウェーデンが85年、フランスが126年であり、日本の高齢化速度が非常に速いということがわかる。. äººå£ã€äººå£ãƒ”ラミッド、年齢区分別人口。+人口推移【令和元年】 (06/03) 人口ピラミッドが健全である国は、人口が増え続けていきます。 日本は2060年には65歳以上の割合が40%になる 今のままでは、日本の人口割合が65歳以上だけで40%になるという時代がやってきます。 2005年の人口ピラミッド 5. … äººå£ã€äººå£ãƒ”ラミッド、年齢区分別人口。+人口推移【令和元年】 (06/03) äººå£ã¯ã€2050年には9,515万人となり、約3,300万人(約25.5%)減少。 2- 2 都道府県別人口と人口増減率(エクセル:16kb). 人口ピラミッド画像(1965~2065年) ※ダウンロード画像(pngファイル)は4区分人口(年少・生産年齢・老年(前期・後期)人口)別に色分けを行っております。 ※将来推計人口には、出生中位・高位・低位別の人口を表示しています。 1965年の画像 内閣府ホーム  >  äººå£ã€äººå£ãƒ”ラミッド、年齢区分別人口。+人口推移【令和元年】 (06/03)  >  ~19æ­³ 1,849(15%) 歳~ 2,179(18%) 65~74æ­³ 1,479(12%) 20~64æ­³ 6,559(54%) 中国の資本主義化は、今からわずか36年前の1984年に、深圳・厦門等の4つの経済特区と上海・広州等の14の対外開放都市を設置し、欧米からの投資を受け入れたことか... いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に進み、今では国土の1/4以上が砂漠化しているそうです。 この... よく日本は先進国の中でも貧困率が高く、実は「6人~7人に1人が貧困ラインを下回っている」という話を時々目にします。 これってどういうことなんでしょうか? 自... 1990年に始まり、現在では大学志望者のほぼ全員が受験すると言われる「大学入試センター試験」ですが、いよいよ今年で最後となるそうです。 自分は共通一次試験の... 以前、「日本に住んでいる外国人の数」についての記事を書きましたが、今回は逆に「海外に住む日本人の数」について調べてみました。なお各数字の情報ソースは外務省HPで... 以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測... なにかにつけて日本を非難するお隣の国韓国。慰安婦問題や竹島問題など日本と韓国の間には国民感情を逆なでするような様々な問題があります。 そこで今回は、日本人と... 2016年年末のプーチン大統領の来日から早3年が経ちますが、未だに一歩も前進していない北方四島の返還問題ですが、外務省HPを見ていたら、2016年の春に実施され... なにかと世界を騒がす中国ですが、実は日本同様に2020年以降は高齢化と労働力不足が大きな問題になると言われています。その原因は1979年から2015年まで導入さ... © 2016 スポーツから経済社会、日本の将来まで | へぇ~、そうだったのニッポン!. 1. 人口推移 2. 高齢化率の推移 3. 1. 人口推移 2. 高齢化率の推移 3. 2005年の人口ピラミッド 5. … ここから本文です。 第2ç«  人口・世帯 2- 1 人口の推移と将来人口(エクセル:22kb). 日本の人口は、統計局の人口推計によると平成29å¹´1月現在で1億2686万人、前年比で17万人の減少です。 2005年に戦後初の減少となったあとは、横這い、2011年からはまた減っているという状態です。  >  日本は今後、世界でも類を見ないほど、急激に「少子高齢化社会」をむかえると言われています。 では、いったい日本の人口構造はどのように変化してきて、そしてどのように変化していくのでし... よくTVや新聞を見ていると、国の経済の状況を現す基準として「実質経済成長率」というものが使われていますが、この実質経済成長率の正確な意味はご存知ですか? 実質経済成長率の算出方法... 「はたらけど、はたらけど猶わが生活楽にならざり、ぢっと手を見る」 これは石川啄木の有名な俳句ですが、まさに今の日本の庶民の現状を表しているような気がしませんか? そこで今回は、... 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。自分の小中高時代は、ほとんど東京とは関係ない世界。正直言って、外国人などTVの映像以外では、めったに見たこともなかったと記憶して... 平成も終わり、令和が始まりました。現在の世の中や人々の暮らしは、その2つ前の「昭和」の時代とは大きく変わっています。 そこで今回は「信じられない昭和の常識」をGooがアンケート、... 1960年には、85%を占めていた白人が、今から33年後の2050年には、ヒスパニックやアジア人種の比率が大幅に増え、白人の比率は47%にまで減少します。 すでに2012年の時点でヒスパニック比率は17%で約5,000万人、黒人を抜き米国の№2人種です。. マスコミがニュースネタがなくなると、必ずはやしたてるのが「世界の人口爆発と食料不足」の問題。 実際に国連の予測では、世界全体の人口は、現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるとのことです。, そこで今回は、世界の人口ピラミッドやさまざまな地域と国を人口ピラミッドを見てみました。, 人の移動の影響が少ない国レベル以上の人口ピラミッドには、以下の3つ典型的な型があると言われています。, ・多産多死の段階にある発展途上国によくみられる型 ・医学の進歩とともに死亡率が低下すると人口爆発に直結するタイプ, ・人口が増減しない状態で人口の停滞および安定を示している型 ・当面安定が予想される先進国でよく見られるタイプ, ・出生数の減少によって自然増加率がマイナスになり将来人口の減少が予想される型 ・国そのものが衰退期に向かうことが多い末期先進国タイプ, 一般的に経済成長に伴い、ピラミッド型 → つりがね型 → つぼ型へと進むと言われています。, 今後、人口爆発が予想されている74億人の2019年の全世界の人口ピラミッドは下図のとおりです。, 見たところ、ピラミッド型とつりがね型の中間のような形をしています。 まあ、世界全体で見れば、人口安定期と言うよりも、まだまだ人口増加期といえると思います。, 以下からは、世界の様々な地域と代表的な国の人口ピラミッドを「ピラミッド型 → つりがね型 → つぼ型」の順に紹介していきます。, アフリカは、まさにピラミッド型の手本と言えるような形をしています。 現在でも、アフリカの人口は13億人にものぼり、今後の世界の人口爆発のまさに中心になると言われています。それにしても、中国の14億人って、アフリカ全部より多いとは、あらためて驚きますね。, ちょっと予想外だったのは、この人口4,100万人の中東の大国イラクです。イスラム圏での人口増加が激しいとは聞いていましたが、ここまで完全なピラミッド型をしてるとは思いませんでした。, 完全に予想外だったのが、 このイスラエルです。自分は、イスラエルは先進国のようにつぼ型だと思っていたのですが・・・。, イスラム教徒が多いインドネシアも2億7,000万人以上の人口を抱えていまが、形の方はほぼピラミッド型です。45年前はちょうど今の日本と同じ1億3,000万人だったのですが、50年もしないうちに2倍以上に増えています。恐ろしいですね。, インドの現在の人口は13億7,000万人で、中国に肉薄しています。、10年ぐらい前は完全なピラミッド型だったですが、現在はこのようにピラミッド型とつりがね型の中間のような形になっています。さすがに、爆発する人口増加にインド政府も歯止めをかけ始めているのでしょう。, ちなみに国連の予測では、インドの人口は、2022年までに約14億人に達して中国と同水準となり、その後も2070年の23.0億人まで増え続け、そこでやっと減少に転じるそうです。, アジア全体で見た場合には、パイの大きい中国や日本の少子化の影響もあるためか、このようにつりがね型になっています。まあ、アジア全体で見れば安定成長期というものですかねぇ。それにしても驚いてしまうのは、アジアの人口は46億人もおり、世界の6割以上も占めていることですね。, やや意外だったのはこのフランスです。日本と同じようにつぼ型を予想していたのですか、こんな綺麗なつりがね型とは・・・。きっと、フランスは1980年代から少子化対策をやってきた成果なんでしょうね。, アメリカもややつぼ型に近いのですが、つりがね型と言えると思います。ヒスパニックの大量移民の影響でしょうかね。, ただ、米国の白人比率は、1960年の85%から2050年にはヒスパニックやアジアが大幅に増え、47%へと急減するとの予測もあります。この件に関心のある方は下の別記事をご覧ください。, 西ヨーロッパ全体で見ると人口はアジアの1/2以下の19億人で、 典型的なつぼ型です。前出のアジア全体(釣り鐘型)と比べてみると、これからの時代は「ヨーロッパの衰退」と「アジアの隆盛」と言われるのもよく理解できますね。, このイギリスは、10年ぐらい前までは典型的なつぼ型でしたが、近年はつりがね型への回復の兆しが見えます。こちらも、アメリカ同様に移民の急増の影響でしょうかねぇ。, 1979年から2015年まで「一人っ子政策」をとってきた中国は、高齢化社会の問題を抱えるつぼ型です。, ドイツの人口ピラミッドは、第2次世界大戦の影響によるクビレはあるものの、典型的なつぼ型です。, 日本の人口ピラミッドは、第2次世界大戦の影響によるクビレはあるものの、典型的なつぼ型です。しかも、前の中国と比べるとはるかに高齢化が進展しているのが読み取れます。, こう見てくると、欧米諸国は移民受入や早め早めの少子化対策により、日本のような悲惨な人口ピラミッドの形にならないように対応をしているようです。, それにしても悲惨な日本の人口ピラミッド。やはり今後は、戦後処理の問題を早く片付け、つりがね型人口ピラミッドを持つアジア全体と、もっと交流を深め、融合していくことが必要だと感じます。, 来年の2020年には、「団塊世代」(1947-1949年生)も、いよいよ70代に突入し、日本の超高齢化社会が加速されます。 そこで、今回は「日本の人口ピラミッド」がこの半世紀弱の間にどのように変化してきたか、そして今後どうなっていくのかを調べてみました。. 2000年の人口ピラミッド 4. 選択する未来 65歳以上(老年人口)22,869  18.0%  828  3.76% 注)平成13å¹´10月1日現在推計人口による -19- 2.2 現在の日本の人口ピラミッド 図2.1は2001å¹´10月現在の日本の人口ピラミッドである。 で見てみると、戦前からの「富士山型」から、高齢化の進展により、二度のベビーブームによる凹凸はあるものの、現在では「釣鐘型」となっており、将来的には、さらに少子化が進んで、「つぼ型」に変わっていくといわれている。 や児童福祉、障害者福祉等の施策が推進された。  >  äººå£ãŒ9000万人を 割り込み、高齢化率は40%近い水準になると推計されている。 人口(万人) 生産年齢 人口割合 50.9% 高齢化率 39.9% 合計特殊 出生率 1.35 日本の人口の推移 . 2- 5 å¹´é½¢5歳階級別人口(エクセル:16kb). この減少により、年少人口(0~14歳)は58(2046)年に1,000万人を割り、72(2060)年には791万人と、現在の半分以下になると推計されている。 日本の人口を性別、年代別に分けた分布です。なお、このデータは2019å¹´12月時点のものです。日本で最も多い年代は、40代と65~74歳の層で、団塊の世代とその子ども(団塊ジュニア)の層です。2019年末で最も多い年齢層は45~49歳の層です。 経済財政政策 経済財政諮問会議 人口に占める65歳以上の高齢者の割合も65年に46%に達し、高齢化では日本を抜いて経済協力開発機構(oecd)加盟の先進国のなかで首位になる。 2- 4 年齢各歳別人口(エクセル:15kb). äººå£ 将来推計-現状のまま推移した場合、100年後には現在の3分の1まで急減. 期的に見ると、明治時代後半の1900年頃から100年をかけて増えてきた我が国の人口が、今後100年のうちに再び同じ水準に戻ることが見込まれ、我が国はこれから、これまでの歴史を振り返っても類を見ない水準の人口減少を経験することになる(図表2)。  >  日本全体で見ると、江戸時代前期の急速な人口増加に比べ、幕府による調査人口が残っている1721年から1846年までは人口はほぼ横ばいといっていい状況だが、 享保(1730年代)、天明(1780年代)、天保(1830年代)の三大飢饉の時期には人口が減少し、平常年には多くの地域で人口が増大している。 「選択する未来」委員会  >  内閣府の政策 人口ピラミッドから見た世界と日本の将来 国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続ける … 国連の予測では、世界の人口は現在の70億人から、2030年までに約85億人、2050年までには100億人突破、2100年ごろには約112億人にまで爆発的に増加し続けるようです。 そこで今回は、世界の人口ピラミッドや様々な地域と国を人口ピラミッドを見てみた。 人口ピラミッドから読み取る年少人口の推移表 つづいて、高齢化とは反対に、日本の年少人口 (0~14æ­³)の推移を、10年ごとの人口ピラミッドグラフから読み取り 少子化が進んでいるかどうか を推移表を用いて見ていきます。 2019年の日本の年少人口は12.6% äººå£ 国勢調査 人口推計 市区町村比較 最近表示したグラフ お気に入りのグラフ設定 (登録件数 : 0 /10) 専門調査会情報等 2000年の人口ピラミッド 4.  >  å‹™çœçµ±è¨ˆå±€ã§ã¯ã€æ¯Žå¹´9月の「敬老の日」に際し、高齢者の人口や就業状況、家計収支などについて、「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)」(統計トピックス)として取りまとめ、公表しています。この公表に当たっては、公益財団法人フォーリン・プレスセンターから、外国メディアに対す … つぼ型の人口ピラミッドの説明で、例として現在の日本をあげました。 しかし、日本も第二次大戦前までは出生率も高く、現在ほど平均寿命は高くなかったので、人口ピラミッドは富士山型だったんだ。 2- 3 都市別人口(エクセル:47kb). äººå£ï¼ˆå¹´é½¢ä¸è©³äººå£ã‚’除く)は1億2,520万人、生産年齢人口(15歳~64歳)は7,592万人である。 14歳以下の推計人口は1982年から連続して減少が続いており、少子化に歯止めがかからない実態が改めて浮き彫りになっている。 国立社会保障・人口問題研究所は、「日本の将来推計人口(平成24å¹´1月推計)」において、日本の将来推計人口を算定 … 中学生からの質問(社会)に進研ゼミが回答します。【世界と比べてみた日本の特色】人口ピラミッドの見分け方について。進研ゼミ中学講座は、中学生に必要な力をより効果的・効率的に伸ばすために一人ひとりにぴったりの学習教材を用意しています。