今調査に関する調査要目は先行記事【普通乗用車より軽自動車が所有される時代…自動車の車種・世帯種類別普及率をグラフ化してみる(2015年)(最新)】を参照のこと。 早速だが次に示すのは、総世帯、つまり全世帯における、世帯ベースでのルームエアコンの普及率。 �{V�(����7��v���7�w�R�P� endstream endobj 9600 0 obj <>stream h�|�1� �r?�DM���;c��„�מp��&�s{��;��XN���4�KC�"�`�Ie��s�12��ч1�f��Y���#�{Ud��$}��|��` �/)� endstream endobj 65 0 obj [86 0 R] endobj 66 0 obj <>stream h�2446S0P0445V06� 0000036213 00000 n <<8B4E1B49D37460449A552873CF161AF0>]/Prev 943703>> 再現する方法を検討し,この方法で推算した都道 府県別の貧困率に基づいて貧困の地域格差を分析 した。さらに,都道府県別の貧困率を目的変数, 多数の社会経済的要因を説明変数とする重回帰分 析を試みた。 Ⅱ 都道府県別の貧困率の計測 発生した熊本地震の影響により、2016年の国民 生活基礎調査データには、熊本県は含まれてい ない。 都道府県別多量飲酒率の計算においては都 道府県によって調査回答者の年齢分布に偏り が存在するため、直接法による年齢調整を実施 した。 'L��R�_Z��gk���>ֵ�3x�����r:/?����:�U���/� M��{ 0000002959 00000 n endstream endobj 9589 0 obj <>stream %PDF-1.5 %���� 0000199576 00000 n 0000001792 00000 n trailer 0000011163 00000 n ?%��#8�$��� Y���Y"媫�($�b�"{ ��*�E�D��*�˧��O��{�G�t� U�W] �&@��H��B��F? endstream endobj 9592 0 obj <>stream �M���MQ�ē_�D�. h�ܔϊ�0�_e�`�6i����R�EV���PkX\�V�tѷ�I�^K��������|?Ҥ@A*J��)0AA1�s�Tb�*�$ h�2�40P0P�0�4P02V���P0446����d�����0 ��: �ZTB�.�����T�᱐H%!��h@��Fr��I�����)i*�.��S��qұ�t�gad��QG�I����Y�I��8��H1��I���:0�lj66N��L�HBW�r�>�����Q�$�K+��'�@;�L�$΄F�aD]\C,:�G d�̋i�Fu*�qV|��V�u%�&��솉�!w�v��9/�dsB���:s��J,^O3I���=ѕƙwA���#ۈsksCo��uVG��3�A6㼷�L��2�Ü��i P�u���U-)�%j�sp � 0000036461 00000 n 0000000016 00000 n 0000009955 00000 n J��ˎqZ��[�!��_$#;gt���SyP���~w���:!#ֳ� 有訴者数・通院者数・日常生活に影響のある者数,性・年齢階級別 [13kb] 第2-52表: 有訴者の総症状数,性・年齢階級×症状別 [17kb] 第2-53表: 通院者の総傷病数,性・年齢階級×傷病別 [16kb] 第2-54表: 6歳以上の者の構成割合,健康状態,性・年齢階級別 [13kb] 第2-55表 0000007626 00000 n endstream endobj 9605 0 obj <>stream h�2�45U0P07�4V02V073�P01і h�2474P0P0220W02V���P0446����d�����0 �* hބ�=�0���n�8��D�:��T-� ������D�uʓ���X�\_!��)���(�!V�=����@�dF��qt���ౘ����5!�j��u������d��5Vl����so�"�8��J,=J�Ym�u�_hQm��f���OmV�l_ ��J� 0000009428 00000 n j�_( �H �~l�o�~�U6���~����~��j?X�+�`����!N�U��ٸ��gVc\�a�1�>���4�^D�J �_Ҹ�.���˘�ӑ��Kt�Ou��f�r8�/:�s���2��t�Ho]���$|i�p˺��ℽ�qr|#��6H� �}D+�hҒ���J����䙕����?�}&�,8�8��� �4�L���ð��tt伃��K��Lf�3u۸���&V���dݕ�>���S�3�Sug.�R9��P��ˡ��yo����������Z]}�&V���dC,�>����lg��xh�����CݔV]����5^�l�g���L������23{�����"�>��w����T`��Ea����9�;�ph��v��@6�s�������xff"/\�ws�粠v����\�:�\D��,�C��ם�_8�� �d ֦3�� �e�pF���3�LȬ�����v�(l���^�g/��σV,t�ؓ��lȺ�06σl�L�,n/t�E��g��$s�}��f1%%�vUc�Ug��5Bc���9��i{�Q�>�hT���8������m��Ƣt�3}J �,�9�U)��@��Xwm]�#�yA�����Lc�Ŵܓ��ç���ʸJ*>�����kwe�q���[�%��f� � (��Ď�F�N�4[#v��E8��F�GW��Y t6����X���= endstream endobj 9599 0 obj <>stream H�|�͎���z�>��*�� �H:��� ڙ�Z�5F�����`�� $�"3###���w��ӧ���>yx�}����|���������o��^�����ËY���������{�~���˫7on��v-~{y�~��>~�����y~�?z����?��?�^������?ߟ^n��������uП>|�����k}�˻�k����_�o����߿�o��g�ϑ�������ؖ5|_k����=,��e����▵���,?��Y8Ӭ��3�K���3��� 本調査は、全ての産業分野における事業所及 び企業の活動からなる経済の構造を全国的及 び地域別に明らかにすることを目的とする。 5年 2016 (2021) 6月 1.総務省及び経済産業省ー都 道府県ー市町村ー調査員ー報告 者 2.総務省及び経済産業省- 報告者 1道府県:10地区 東京都:15地区 平成29年 後続調査国民生活基礎調査の単位区から無作為抽出 300単位区 【※】は国民生活基礎調査の大規模調査年である。 国民健康・栄養調査の抽出方法について h��X�n[7�.ەH� 0�M7#���"m� @� $�3C��d�ZR�����p��p�C���إX]����Z��8�k)Eǹ���Z]I@s�`��w� ��T�St��D@,�Zj��.䤫مJEPj�U��$��{}(�gA���� �?chj�.F9��tGq� �.��P��U��G�%��eفÓ� �XByAR��ZE�;P;HB��P�UN)�)! では、都道府県別にみると、家計資産をたくさん持っているのはどこでしょうか? 家計資産1位は東京都 家計資産が最も多いのは、やはり東京都で6058万円。次いで神奈川、愛知など。上位10位までの家計資産額と地域差は下の通りです。 endstream endobj 9593 0 obj <>stream 98 0 obj <>stream endstream endobj 9597 0 obj <>stream *「国民生活基礎調査」においてがん検診受診率は3年に1度調査されています。 注意:この数値は、対象者の回答に基づくものです。 実際に検診を受診した人数を集計したものではなく、対象者の記憶違いなどによる誤差が含まれています。 0000219182 00000 n endstream endobj 9596 0 obj <>stream @n��L�"��ܠUѾ���WPb�KE�_A+����kc��A�4�r��Sh�u`�$�r��x�o�>�o�����js���vs�p�������{���]�}���[J�u�{y+ν��^�z endstream endobj 9603 0 obj <>stream 0000217722 00000 n h�265�P0P���P0446�����s2SR�� `u 45 東京都 64.08 46 大阪府 59.24 47 沖縄県 51.17 出典:厚生労働省年金局「平成30年度の国民年金の加 入・保険料納付状況」より佐藤作成 都道府県別納付率を見ると、納付率が上位の都 道府県と下位の都道府県では、約30%もの差があり、 平成7年 国民生活基礎調査により設定された地区から無作為に抽出した300地 区内世帯(約5,000世 帯)の 世帯員(約15,000人)を 調査客体とした。 3. 平成22年国勢調査区のうち、後置番号が「1」 (一般調査区)から層化無作為抽出した1道府県 あたり10地区(人口規模が大きい東京都のみ15地 区)の計475地区 のうち、平成28年4月の熊本地震、8月の台風10 号、10月の鳥取県中部地震の影響により13地区を 〃 〃 �wvvv�ܠ�Yk�5��i�[��R��t��ܷ�M_�"�H�e�7vN,�pց�cy,�p�M������|�~��K��"kBpĵ���YU;{^V�j��w+c������t����r�5��:�X;�ty�A� �}���:�))Ό�� Q�6 �b��� ��!Ui|6�Ɨ�Ƈ����/�#i| ��%pp�8����Ȫ.��x���$�cp�&^p�TUS�Y�Y"�6d���En�ju�Q���>K|�5����f%,��Ƚy���Eqd��;"d��AM���qr h�2�4�T0P0531W02� 0000219801 00000 n がんに関する統計の元データ等を掲載しています。 Windowsでは右クリック、マッキントッシュではControlキーを押しながらクリックして示されるメニューから「対象(リンク先ファイル)をファイルに保存」を選んでパソコンに保存できます。 ���&@5A����9�)�vv���!ZA� �TEHD::"nw��0 r� endstream endobj 9601 0 obj <>stream 0000008858 00000 n �0�r$d4�f(��1p]�����g�� 0000001176 00000 n endstream endobj 9590 0 obj <>stream endstream endobj 9595 0 obj <>stream :�Ι %%EOF �� 0000002361 00000 n 表2 「患者調査」と「国民生活基礎調査」の都道府県別患者数(千人) 患者調査 国生調査 患者調査 国生調査 全国 665 728 三重 8 10 北海道 32 31 滋賀 5 10 青森 7 6 京都 16 13 岩手 4 8 大阪 38 57 宮城 11 13 … 55 0 obj <> endobj 0000012063 00000 n 0000198862 00000 n 0000002498 00000 n j�!i���� sߎ�� n�� 0000010621 00000 n � �`� 0000219660 00000 n h�2135P0P���P0446�����s2SR�� _� endstream endobj 9604 0 obj <>stream ※平成23年社会生活基本調査の結果をもとに作成した都道府県ランキングはこちらよりご覧になれます ページの先頭へ戻る 〒162-8668 東京都新宿区若松町19番1号 電話 03-5273-2020(代表) endstream endobj 56 0 obj <>>> endobj 57 0 obj <>/Font<>/ProcSet[/PDF/Text]/XObject<>>>/Rotate 0/TrimBox[0.0 0.0 595.276 841.89]/Type/Page>> endobj 58 0 obj <> endobj 59 0 obj <> endobj 60 0 obj <> endobj 61 0 obj <> endobj 62 0 obj <> endobj 63 0 obj [81 0 R] endobj 64 0 obj <>stream 0000219207 00000 n :�Ι 養調査として実施した結果をまとめたもので、プラン21(第二次)の基礎資料としても使 用していきます。 今回は、重点項目として、体格や生活習慣に関する都道府県別の地域格差を把握した他道 府県との比較順位も掲載しました。 f �R��R��(nhd�`c�� Qe�� dU�����9�)�vv0fP!�I9H*,�*��UA��c!�0q�86� 9�) ここでは、身体障害、知的障害、精神障害の3区分について、厚生労働省による「生活のしづらさなどに関する調査」、「社会福祉施設等調査」又は「患者調査」に基づき推計された基本的な統計数値を掲載する。 身体障害、知的障害、精神障害の3区分について、各区分における障害者数の概数は、身 … 0000220199 00000 n endstream endobj 9594 0 obj <>stream h�2336W0P0��0V02V0�40U01�`�*X)���(� ����d�����R � 6A$ Social Indicators by Prefecture 「社会生活統計指標-都道府県の指標」は、社会・人口統計体系において整備した基礎データを用いて作成している統計指標の中から、都道府県別の主要なデータを、報告書に取りまとめたものです。 588指標、553基礎データを掲載しています。 0000218005 00000 n 0000008299 00000 n h�2256P0P���P0446�����s2SR�� _G� 0 ';����A/[_g��@� A��̃�$�� q��Ϝ�N)!��x2}��#�3Kt��xp9�Ń�.^��MJ��(��E�e��@"�^l�.�Q��̐��\�_�Am\�8p ���lc���T#�r5֫��s�'�@�lFe����CE"���#��D�FO��*�e��d:��'�HD���v��K���$��כW����# hެ�]k�0���/Lj�0*�Bk-�^�n��5�KL/��w�1iAd�7!��ON8�@q�� N9P����S\9� �ł�U����d��6y�$�F����4A���wT�ڑ�n�V���V�^InMe�'y����_���\��I���͛5�!�н���.�r9�j�a�ʶ�����p֧9�����"(�d�����.~��hQ�cۑ�Ͻɛ�ڔ���bш+L�hW�op9��eɘ�. 0000001675 00000 n :�Ι�9�Ι�ƺ�mêX;;�z��aSS˵��';k�|>���A���QHV`'�lXS��݉����ʜ��!��%�6v�` Ai�3e���3� �"����F�v;�E� . 0000002710 00000 n 0000036528 00000 n h�27�0P0P0735S06Q�����p�� �� f�~pNfJ��L�T�9� ���Ĥ� H�\��j#9��~�Zv/�Jw]J��\��l�8G��MҶ�o��f�? 世帯類型別に世帯の調査を定期的 に行っているのは国勢調査だけな ので,平成12(2000)年の国勢調査 の結果と同年の国民生活基礎調査 の世帯推計とを比較6)した。その結 果,単独世帯数では,19歳以下と 65~79歳で国民生活基礎調査の推 今調査の調査要目は先行記事の【普通乗用車より軽自動車が所有される時代…自動車の車種・世帯種類別普及率をグラフ化してみる(2015年)(最新)】を参照のこと。 冒頭でも触れた通り、たばこの喫煙率は年々減退傾向にあるが、それでもなお多分の人が消費をしていることに変わりはない。 h�2�07W0P06��T02V���P0446����d�����0 ��D 1にのぼっていたことから、その要因を分析し、対応策を検討するための基礎資料を得るため、「国民 のアイヌに対する理解度についての意識調査」を実施することとなった。 本調査は、差別や偏見に特化し、かつ、全国規模で行う初めての調査である。 0000002821 00000 n h�243�P0P04�0Q02V���P0446����d�����0 ��: V�t�$GD����H�=y��ݓ�hђ��)�"(2�6���u� J�2���"�k�#�nx�/Q��K @���(�{�@?N#T��Q:d� `����E���4�nu�G��٥T�9:J׸A�E�"���}ݞ�����ѹ�'i1��vP��F��:3�Z:��n��ZO|�l��Y�!n�l�:������:%MP�m�[&��3V�oJ�My#�A�9��õ6�!�����)��E�4#��w��f�T���)�s���W��;�)�����9qЙ 0000007286 00000 n �`�c��A�#q�M6�F�G:,wSPL�� 0000035902 00000 n 0000002221 00000 n +n=�Tx�SGBS�W�^��zs���_���|y�ʹ�؂2�d��7]�)��s����J��:+��gV_?|���+�����6(�� �s ��50*�g���\�Ak���ۨ�� {�^���G��x�^L3�.��Б\�WF�ø �%pAu] t�%�@g�&�����M���nT�K��u �P g. 0000011686 00000 n endstream endobj 9606 0 obj <>stream 66� 日本生活習慣病予防協会は、生活習慣病の一次予防を中心に、その成果、診断、治療、リハビリテーションに関する知識の普及啓発、生活習慣病の調査研究を行うことにより、国民の健康の増進に寄与することを目的に活動しています %PDF-1.6 %���� の5年間には調査方法の特別な変更はなかったため、この5年間のデータをプールして都 道府県別の集計を行うこととした。 本書では、「栄養摂取状況調査」を完了した成人男女で妊娠中(334 人)・授乳 … endstream endobj 9598 0 obj <>stream モニタリング項目:ライフスタイルの動向 視点: 地域別に見た少子・ 高齢化の動向はどうなっているか。 (出典)① 総務省統計局「平成12年国勢調査報告」をもとに作成。 ② 厚生労働省「平成13年国民生活基礎調査」をもとに作成。 Ⅲ章 統計編 172 体重別出生数 h28年 h29年 h30年 総数 4,345 4,076 3,927 男 2,262 2,092 1,962 女 2,083 1,984 1,965 男 35 36 33 女 31 32 30 平成18~22年の5年分の国民健康・栄養調査データを用い、都道府県別に年齢 ... 〈参考〉都道府県別の肥満及び生活習慣等の状況 ... 24 東京都 30.5 25 神奈川県 30.3 26 福岡県 29.8 27 富山県 29.6 28 群馬県 29.6 29 広島県 29.4 30 愛知県 29.4 31 山形県 29.3 h�2��0V0P014�P02V0162R01S���P0446����d���ّ&` �8s b����(h��� 9FA=�r?�R��#��i�3`@�2 B���Oq7�a� �� ~ 2cT! 0000199369 00000 n 調査は毎年11月 中のある一日に実施された。被 endstream endobj 9602 0 obj <>stream endstream endobj 9591 0 obj <>stream 9588 0 obj <>stream 域別にみると、東北地方や日本海側の都道府県 の多くは三世代世帯の割合が最も多く、他の都 道府県では夫婦のみの世帯の割合が最も多いと いう傾向にある(図1-2―1-2)。 さらに、65歳以上の高齢者が世帯主である世 帯(高齢世帯)も年々増加している。 xref 0000198557 00000 n startxref h޲057S0P���P0446�����s2SR�� a ]�=�N�7��Ll'3��3X�"F���c��mPFgʤUenR���cgS>�������ԄQ:ܶݞ�G��rt�U���~�����³���AD�D%`�㱎a� }�ߖ����e��0l������9|I����u��k=.���:|���O���m9߆q�����7�c�s��[,��x�����[_������2L`�`���~��u~]6c�v�C��n������8r�����~�����8��N����͑ԄJ�B9�N�X/T}[�F��%Ġ��IcO3�, ��J|!�F[� {�{��`OW:EU@��x:**8**8Cr$K�$'Tz���|�%�"���z�4��HbԖ��֐4�� 0000002934 00000 n 厚生労働省「国民生活基礎調査」健康寿命 「国民生活基礎調査」の大規模調査は3年に1 度、実施しており、健康寿命は2001年、2004年、 2007年、2010年、2013年、2016年の6回の算定 が行われ公表されている6)。また、都道府県別 の健康寿命も公表されている。 0000217403 00000 n sF=�B�u[�y�Vr'k|5��� h�b```b``�e`c``{� ̀ �@16�9�,\�o�/��3�_�tˁ��^4����2!,�E$�„.�՛��F�Ifn�����e�b��5MN��{G�n�ă�N�L]v��5,�}~��b'N�E�םZ�u���� ���-"MN��HE� ��d����-Pc�9P��CY56|9m��5 hK2�I� 慆C�`.�`9�V�₪ -�!ɤT�(G(bvq2�PN��[���bS���B���v3�6� f���s`9�hͰ�A1������ ���\ ��0�1�`Z�z�܋��AN�aC�`R�P�mR/0�2�5$0^ �w��kAA��Q��)���@��I������7���� ���� 府県別に整理し、高齢者の福祉のスコアを求めています。 ... ープに分けると、大まかにいってスコアの大きい方の2グループは東日本中心とした都. 世帯の状況から見る、今後の賃貸住宅のニーズ 土地活用ラボでは、大和ハウス工業が所有する各種データを多面的に分析し、土地活用、賃貸物件経営、不動産投資などを検討している皆様のお役にたてるような情報を提供してまいります。 人口、交通、観光、健康・生活、社会、地理・気象、商業、事故・災害、教育、資源・エネルギー、通信・it、政治・行政、工業、農産業、水産業など、多岐に渡る都道府県データのランキングを、棒グラフ、都道府県マップ、詳細な一覧表で紹介します。 0000003888 00000 n 0000199436 00000 n 55 44 国民生活基礎調査 平成29年 h.30.12 452 a4 平成30年 r.01.12 154 a4 地域保健・健康増進事業報告 平成29年度 (健康増進編) r.01.12 530 a4 平成29年度 (地域保健編) r.01.12 659 a4 市区町村別生命表 平成27年 h.30.10 166 a4 福祉行政報告例(旧社会福祉行政業務報告) 0000012274 00000 n 0000003863 00000 n 国民栄養調査の対象は、毎年国民生活基礎調査 により設定された単位区から無作為に抽出した最 小300、 最大368地 区内の世帯および世帯員である。 そのうち15歳 以上の男女が血圧測定の対象となっ た. 0000006957 00000 n 0000011996 00000 n @�����&H?X?8'3%��(� Q 1M�*B� �ѱqs�����!�8@� j�} �l°��� "������co��7撼0�1�1��5! 厚生労働省の国民生活基礎調査から、都道府県別の高齢者世帯のデータを一覧にしました。高齢者のいる世帯、高齢者のみの世帯、児童のいる世帯について、世帯数と世帯総数に対する比率を計算しました。高齢者のいる世帯に対する高齢者のみの世帯の比率についても計算しました。 0000036922 00000 n