全国体力・運動能力、運動習慣等調査(文部科学省) 学校保健統計調査(文部科学省) 体力・運動能力調査(文部科学省) 地域を取り巻く環境の変化 少子高齢化の急激な進行により、生産年齢人口は4割減へ (注)2015年までは総務省「国勢調査」、2017年は総務省「人口推計」(平成29年10月1日確定値)、2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所 我が国の人口については、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」における出生中位(死亡中位)推計を基に見てみると、総人口は、2030年(平成42年)の1億1,662万人を経て、2048年(平成60年)には1億人を割って9,913万人となり、2060年(平成72年)に … d-3 市区町村別人口はありますか? 人口推計では,全国及び都道府県別人口を推計しています。 国立社会保障・人口問題研究所『出生動向基本調査第Ⅰ報告書(日本人の結婚と出産)』各回調査による。 注: 第7回調査のみ調査時の妻の年齢40~44歳についての値。他は調査時の妻の年齢40~49歳につい … 資料:総務省統計局「国勢調査」「推計人口」、 国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成18年12月[推計出生中位・死亡中位推計])」 Copy‐right T.KyogokuIPSS 2009 2009年10月27日経済産業研究所 国立社会保障・人口問題研究所 日本の将来推計人口を公表 2053年に1億人割れ、2065年の高齢化率38% 出生率が上昇、 平均寿命も伸長 厚生労働省の外郭団体である国立社会保障・人口問題研究所は4月10日、「日本の将来推計人口」を公表しました。 このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 日本統計年鑑(総務省統計局) 国勢調査(総務省統計局) 人口統計資料集(国立社会保障・人口問題研究所) 青少年のからだ. 資料)2010年までは総務省統計局『国勢調査報告』、2015年は総務省統計局『平成27年 国勢調査人口等基本集計』、全国の推計値は国立社会保障・人口問題研究所「日本 の将来推計人口」(平成29年推計)の出生中位(死亡中位)推計より、5万人クラ (出典)総務省「国勢調査」、国土庁「日本列島における人口分布の長期時系列分析」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」 8 2-(2)超長期の将来推計人口 青森県人口移動 統計調査 県 国勢調査人口を基準に、市町村から報告される住民基本 台帳の移動数を使って県が推計。届出主義。 将来推計人口 国立社会保障・ 人口問題研究所 国勢調査結果を基に将来の人口 … 少)する一方、生産年齢人口は約3,756万人、年少人口は約893万人減少する見通し。 人口の推移と将来推計(年齢層別) 出典:総務省「国勢調査」 国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(2012年1月推計)」 性別・年代別の生存率・純移動率などをもとに推計した 5 年ごとの将来人口を収録しております。今後の人口の増減や市場規模がどのように変化していくかを把握、可視化することができます。国勢調査と、国立社会保障・人口問題研究所 日本の地域別将来推計人口を元に推計しています。 (出典)総務省「国勢調査報告」、同「人口推計年報」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成14年1月推計)」、 国土庁「日本列島における人口分布変動の長期時系列分析」(1974年)をもとに国土交通省国土計画局作成。 青少年人口. 23区の人口増加率の推移(2010年の各区の人口を 100とする) 110. 2010年度国勢調査のデータに基づく 。 人口予測は出生 (中位 )死亡 (中位 )推計を使用した。 東京. 総務省統計局では将来の人口推計は行っていません。 日本の将来推計人口については,国立社会保障・人口問題研究所 が公表しています。 ページの先頭へ戻る. 以上 105. : 国立人口問題・社会保障研究所、総務省「国勢調査」 ※ 人口予測は. 資料:総務省「国勢調査(年齢不詳の人口を各歳にあん分して含めた。)」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計 人口(2012年1月推計)」(出生中位・死亡中位推計)(各年10月1日現在人口)、厚生労働省大臣官房統計情報部「人 口動態統計」 年~2017年):厚生労働省「人口動態調査」、推計値(2018年~2050年):国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推 計人口(平成29年推計)」より経済産業省作成。(2017年の出生率は未公表のため、2016年の値を横置きしていることに留意。) 出生数の推移 2020年以降:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」(出生中位・死亡中位推 計) (注)1.2 015年は、総務省統計局「人口推計」(平成27年国勢調査人口速報集計による人口を基準とした平成27年10月 1日現在確定値) 国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日に「日本の将来推計人口」を発表した。将来推計人 口は、5年に一度実施される国勢調査の結果を出発点として行われるが、今回は2015年の国勢調査の確 定数が公表されたことを受けて新たな人口推計が実施された。 ただし日本は、2015年までは総務省「国勢調査」 2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」の出生中位・死亡中位仮定による推計結果による。 図1-1-5 主要国における高齢化率が7%から14%へ要した期間 日本 韓国 (資料)総務省「国勢調査」「人口推計」(2015年まで)、国立社会保障・人口問題研究所「日本 の将来推計人口平成29年推計」(出生中位・死亡中位推計)(2016年以降) 2,204 国民的な議論の下、 これまで進めてきた給付と負担の見直し 人口 :日本 「国勢調査」(総務省統計局) 北欧諸国「世界・主要国の将来推計人口」 (国立社会保障・人口問題研究所) 139 このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 人口減少問題と地方の課題 ... ※国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」の出生中位・死亡中位推計及びその基礎数値(年齢各歳別 ... (出典)総務省「国勢調査」より作 … 国勢調査、2015 年以降は国立社会保障ヹ人口問題研究所推計&h25 年1月' 団塊の世代の増加により「大県」に 人 年 1144 戦後日本の人口移動 ヹ団塊の世代81大邴市圏に地方圏から移動 ヹ団塊ザャド゠世代8邴心回帰 総務省統計局 基幹統計 総務省統計局「国勢調査」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来 推計人口(平成29年[推計出生中位・死亡中位推計])」 ※ 日本は社人研推計、他国は国連推計による順位 (国連推計による日本の順位は17位) 5 (10位) (18位) (5位) ※ 日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)について 国立社会保障・人口問題研究所では、新たな地域別の将来人口推計を行った。この推計は、 市区町村別に将来人口を推計したものである。ただし、福島県においては平成23(2011)年 総務省「国勢調査」によると、2015年の総人口(年齢不詳人口を除く)は1億2,520万人、生産年齢人口(15歳~64歳)は7,592万人である。 14歳以下の推計人口は1982年から連続して減少が続いており、少子化に歯止めがかからない実態が改めて浮き彫りになっている。 国立社会保障・人口問題研究所の作成する人口に関する総合統計です。『人口統計資料集』、『人口の動向』の内容は同一です。国立社会保障・人口問題研究所 ホームページ内「刊行物」に最新刊、バックナンバーが掲載されています。 1-1.