ハンカチを見てポロポロ涙が流れた. 八代亜紀の『舟唄』をバックに高倉健と倍賞千恵子が無言で交わすクライマックスは何ともいえません。 『舟唄』(ふなうた)は、1979年(昭和54年)5月25日に同日発売された、八代亜紀のシングルおよびアルバム(2枚組)の名称、および、両者に収録された表題曲である。以下、特に注記しない場合は表題曲を指す。, 八代の代表曲のひとつ。1979年の発表当時のものは八代のハリのある高い声に合わせて曲の音程も高く(イ短調)、曲調も速めの3分57秒ほどで作られていたが、2000年以降発売されるCD等では八代の年齢による変化にあわせて当時のものより音程がひとつ低く(変イ短調)、曲調も4分20秒ほどのスローテンポで再録されたものが中心となっている[1]。, 八代の歌としては初の男歌であり、テイチクとしてはこの年の日本レコード大賞を狙う目的で発表された[2]。阿久悠作詞の本曲を初めて八代が聴いた時、最初のフレーズを聴いただけで「必ずヒットする」と直感したという[3]。本曲は元々、『スポーツニッポン』に連載していた「阿久悠の実践的作詞講座」の美空ひばり編の教材として作られたものを[4]、過去に阿久と『街の灯り』(歌・堺正章)を創作して以降、作曲家として起死回生を狙っていた浜圭介が曲を付け、八代が歌うことになった[4]。, 歌詞は「勇波節」ないしは(アンコの)『ダンチョネ節』からの本歌取をしている。八代が歌うことになった際、このダンチョネ節の部分の歌詞は書き改められた[4]。ダンチョネ節は神奈川県の俗謡として花柳界で歌い慣わされていたもの。ダンチョネ節には様々な歌詞バージョンがあり、直接は特攻隊節やザ・ピーナッツ、小林旭のダンチョネ節と言葉廻しや世界観は近いが、作品や世界観は独自のものである。, 1979年の第21回日本レコード大賞・第10回日本歌謡大賞にノミネートされたが日本レコード大賞は金賞、日本歌謡大賞は放送音楽賞止まり[5]となり、翌年『雨の慕情』で双方とも大賞受賞となる。発売当初の売上は当時の八代のシングルとしては低調だった[3]が、発売年の紅白で八代が大トリで歌唱して後、年明けからは売れ行きが加速した[6]『NHK紅白歌合戦』では3回歌唱されている。発売年の『第30回NHK紅白歌合戦』では、八代が同曲で紅組トリおよび大トリを務めて番組を締め括った。, 1981年に製作された映画『駅 STATION』(降旗康男監督/東宝)の劇中では、居酒屋で高倉健と倍賞千恵子が見ている紅白で八代が歌う場面が挿入されている[4]。, 1991年、三共株式会社(現・第一三共)・新三共胃腸薬のCMのBGMとして使用され、このCMでは、後に「反省猿」として話題になった「次郎(2代目)」が登場し、内容は酒を飲みすぎたことを反省する人間に扮した次郎が、雪景色の中『舟唄』に乗って、新三共胃腸薬のパッケージによりかかり「反省ポーズ」をするというもので、この年の全日本CMフェスティバル・優秀賞を受賞した。, 1994年、TVアニメ『とっても!ラッキーマン』の主題歌として矢代が歌った『ラッキーマンの歌』の冒頭は、本曲のダンチョネ節の部分のセルフパロディとなっている。, 元ニッポン放送のアナウンサー上柳昌彦は2004年以降毎年、自身のレギュラー番組の年内最終の放送日[7]に「舟唄を聴く会」と題し『舟唄』をフルコーラス放送している。, 2005年の紅白の出場者選考の参考アンケートとしてNHKが実施した『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』に紅組49位にランクイン(『雨の慕情』は67位にランクイン)。しかし、八代はこの年の紅白に出場しなかった。2006年はサントリーフーズ・BOSSコーヒーのCMソングに「泣ける歌」として流され、多くの若者にも支持される結果となった。, 「お酒はぬるめの燗がいい」「肴はあぶったイカでいい」という歌詞が冒頭に登場するが、八代本人は「炙ったイカは好きなものの、酒は呑めない」とのこと[8]。, 広島県福山市鞆町後地にある鞆鉄道バス安国寺下停留所には、『舟唄』の歌碑が設置されている。, とは云うものの、1979年当時からスタジオやホールで歌唱される時の音程は変イ短調であった。当時放送の『, 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、110-111頁。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=舟唄&oldid=79176694, この項目では、八代亜紀の歌について説明しています。クラシック音楽のジャンルについては「. 「舟唄」は、高倉健と倍賞千恵子が共演した「駅staion」での有名なシーン。 紅白歌合戦で八代亜紀が「舟唄」を歌っているのを見ながら、 高倉健に倍賞千恵子が寄り添いながら、大晦日の一夜を過ごすの … 高倉健,倍賞千恵子,田中邦衛,竜雷太,宇崎竜童: 発売日: 2014年2月7日: 定価: 2,700円(税込) 駅・stationの作品ページへ. 主演:高倉 健/倍賞 千恵子、いしだ あゆみ、烏丸 せつこ、宇崎 竜童 演歌に込められてきた日本人の哀愁. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 「駅 station」 から 八代亜紀 「舟唄」 八代亜紀の『舟唄』をバックに高倉健と倍賞千恵子が無言で交わすクライマックスは何ともいえません。 1973 倍賞千恵子ベスト20 lp キングレコード株式会社より 倍賞千恵子が歌う♪さくら貝の歌が好きだ。 清らかな歌声で土屋花情の詞を胸に心地よく沁みこませてくれる。 倍賞千恵子の「春が来た」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)春が来た春が来たどこに来た 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 山田洋次監督、高倉健と倍賞千恵子の「幸せの黄色いハンカチ」が、ハリウッドでリメイクされるというニュースが飛び込んできたばかり。健さんの代表作、あの頃は武田鉄矢も桃井かおりも若かった。 今日の「聴き比べ」は『知床旅情』です。 この曲は森繁久彌の作詞・作曲です。1960年、森繁が映画『地の崖に生きるもの』の撮影で知床半島の羅臼に滞在していた時に作られ、撮影の最終日に地元の人たちに「さらば羅臼よ」というタイトルで歌われました。 清らかな倍賞千恵子の♪さくら貝の歌に涙して。. 高倉健,倍賞千恵子,大滝秀治,室田日出男,北林谷栄: 発売日: 2012年8月22日: 定価: 5,076円(税込) 駅・stationの作品ページへ. 高倉健、倍賞千恵子の主演という豪華キャストによる映画には、年末の紅白歌合戦で八代亜紀が「舟唄」を歌うシーンがそのハイライトを飾っております。 倍賞千恵子さんは、妹の倍賞美津子さんとともに長く芸能界で活躍されています。「男はつらいよ」の渥美清さんの妹役「さくら」の演技が印象的ですが、歌手としても活躍されていました。そんな倍賞千恵子さんの若い頃を画像を中心に振り返ります 演歌はあまり得手でない方だが「昭和の歌謡曲」という番組で八代亜紀の「舟唄」が流れていて、高倉健主演の映画のワンシーンを思い出した。 この映画は、1981年第5回日本アカデミー賞受賞作品高倉.. 『舟唄』(ふなうた)は、1979年(昭和54年)5月25日に同日発売された、八代亜紀のシングルおよびアルバム(2枚組)の名称、および、両者に収録された表題曲である。以下、特に注記しない場合は表題 … 倍賞千恵子の「誰のための愛」動画視聴ページです。歌詞と動画を見ることができます。(歌いだし)凍りつく空に凍りつく空に 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。 高倉健・倍賞千恵子主演「駅 station」で、飲み屋「桐子」で八代亜紀「舟唄」が流れるシーンはずるいくらいに良い ... 静かに時刻表を見ている三上に、テレビに視線を送る桐子。そこで再び、「舟唄」が流 … お正月に高倉健さん主演の駅を観ました。あらすじは 【1968年1月 直子】その日、警察官の英次は雪の降り続く銭函駅ホームで、妻の直子と、4歳になる息子義高に別れを告げた。離婚を承諾した直子は、動き出した汽車の中で、英次に笑って敬礼するが、その目には涙が溢れていた。 「駅 STATION」 から 八代亜紀 「舟唄」 2007年12月30日 18:51:06 投稿者:udonsuki 再生:16596|コメント:198|マイリスト:171. あなたの選ぶ、高倉健さんの映画、ベスト3は何ですか?私は「鉄道員.ぽっぽや」「動乱」「幸福の黄色いハンカチ」などが好きです。 「駅station」(1981年降旗康男監督作品、共演倍賞千恵子・いしだあゆ … 余韻 のないものは映画とは言えない。 そんなものを始めに教えてくれたのは、降旗康男という監 … 駅/stationの映画レビュー・感想・評価一覧。映画レビュー全17件。評価3.5。みんなの映画を見た感想・評価を投稿。 高倉健と倍賞千恵子は、「幸せの黄色いハンカチ」、「遥かなる山の呼び声」に続いて3作目の共演となる。 日本を代表する役者の二人だけに、息もピッタリで、この作品を格調高いものに仕上げてくれてい … 高倉健, 倍賞千恵子, いしだあゆみ, 烏丸せつこ, 古手川祐子, 根津甚八, 名古屋章, 大滝秀治, 降旗康男, 倉本聰, 高倉健 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。 šå¤§çˆ†ç ´ã€ã‚’見た感想、喫茶…, 「絶望を希望に変える経済学」, 「プログラミングコンテスト攻略のためのアルゴリズムとデータ構造」, はてなブログをはじめる(無料). この映画のクライマックスは、何といってもラストシーンです。 ためらう勇作の代わりに、若い二人が夕張の炭鉱住宅のほうに分け入っていき、黄色いハンカチが下がっているかどうかを確かめます。 高倉健さんと倍賞千恵子さんの居酒屋のシーンは映画史に残る、映画の財産です。 本当に素晴らしい。 これから40代50代60代になった自分がいたら、この映画を鑑賞してみたい。 どう感じて、どう想うのか… 私は死ぬまで大切にしたい映画です。 倍賞千恵子の♪さくら貝の歌.