こんにちは、セキドの技術担当 秋庭です。 今回は、本日10月31日に発表されたばかりの小型最新ドローン「DJI MAVIC MINI」について、みなさんが一番気になる航空法との関連や実際のフライトに際しての注意点をご紹介いたします。 DJI Mavic Mini ってどんなドローン? 今回発表された「MAVIC MINI」 … 基本的には、東京23区内でも市街地でも mavic mini を飛行できます。航空法上での制限はありません。 ただし場所によっては、その他の法律や条例に引っかかるため「どこでも飛ばせる」というわけではあ … 機体重量199gの DJI Mavic Mini が発売されて世間が騒がしいですね。YouTubeでは無責任な動画が氾濫しており、このまま暴走すると間違いなく規制は厳しい方向に向かうでしょう。 今回発売された DJI Mavic Mini 2019年11月に発売された DJI Mavic Mini は、これまでにない革新的なドローンでした。, 特に、 Mavic Mini の重量が200g未満であることは、多くのドローンパイロットにとって衝撃的でした。なぜなら、日本では200g未満のドローンは航空法の無人航空機に該当しないからです。, では、 Mavic Mini を含む200g未満のドローンは好きに飛ばしてもいいのでしょうか?現実にはそんなに甘くありません。200g未満のドローンと言えども、適用される法律やルールがありますし、モラルを持ってドローンを飛ばす必要があります。, 航空法では、以下の場所で無人航空機を飛ばす場合、国土交通大臣の許可が必要になります。, ただし航空法において無人航空機は「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの (200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」と定義されています。つまり200g未満のドローンには適用されません。, また2019年9月に航空法が改正され、飲酒した状態で無人航空機を飛ばすことが禁じられたほか、多くのルールが追加されました。これらも200g未満のドローンには適用されませんが、飛行マナーを守って飛ばすべきかと思います。https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html, 重要施設の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律が制定されています。ドローンの重量に関係なく適用される法律です。これらの施設には、皇居や国会議事堂などが含まれます。https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/heion/drone.html, ドローンで文化財を撮影したいと思うことがありますが、もし文化財を傷つけてしまうと、文化財保護法195条に抵触してしまう可能性があります。https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC1000000214, 有名なところですと、東京都は条例で都立公園や庭園などでドローンを含む小型無人機の使用を禁止しています。私も事務所のそばにある公園で飛ばせないかと自治体に問合せしましたが、条例で禁止しているとの回答でした。これも明確にドローンや小型無人機と記されているのではなく、「してはならない行為」の中の「前各号のほか都市公園の管理に支障がある行為をすること。」に含まれるとのことでした。このあたりについて、個人による勝手な判断は避けるべきですので、事前に自治体への確認が賢明です。, 道路交通法では第76条の禁止行為において、ドローンの飛行を禁止しています。https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000105, ドローンの重量に関係なく、公道上においてドローンを飛行させるには、その道路を管轄している警察署長の許可が必要になります。, ドローンを飛ばす場所で有力な候補に河川・河川敷が挙げられます。しかし河川には河川のルールがあります。, 例えば、関東を流れる荒川では、「荒川下流河川敷利用ルール」が制定されています。この「危険・迷惑行為」の項に「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)は飛ばさない。」との項目があり、基本的には飛ばすことができません(許可を得ることにより飛ばすことができます)。http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00138.html, 一方、荒川上流では「他者が迷惑・不愉快と感じないような利用をお願いします。」と記されています。http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00666.html, 河川法はドローンを直接規制しているものではなく、その判断は河川管理者に委ねられています。河川によって規制が異なるため、ドローン飛行の可否は、事前に河川管理者に確認するようにしましょう。, 民法207条には「土地の所有権は法令の制限内において土地の上下に及ぶ」とあります。つまり他人の土地で飛ばすには、厳密には所有権を持つ人に許可を得る必要があります。自分の土地であっても、カメラに第三者が映り込むことがあれば、盗撮になりうることもあります。(詳しくは下記が参考になります。), 他人の土地(私有地)の上空に、ドローンを飛行して権利侵害すること。https://www.drone-enterprise.com/blog/2212, ドローンの重量による大きな違いは、航空法が適用されるかどうかだけになります。それ以外の法律やルールの多くでは、ドローンの重量に関係なく飛行が禁止されています。民法も考慮すると、やはり山や海岸で練習するのが無難なのかと思います。ただし土地所有者の許可さえあれば、人口集中地区 (DID) でも国土交通大臣の許可を要しないことは大きなメリットですね。私も自宅もDID地区ですが、敷地内で Mavic Mini を気兼ねなく飛ばしています。また今回はドローンを飛ばせる場所についてのみ言及しましたが、200g未満のドローンであっても電波法などは適用されることにも注意が必要です。, TKS2では、ドローン関連のイベント主催やお手伝いも可能ですので、もしお困りのときはぜひお声がけください。. というものを考えなくてはいけません。, 「許可が必要な空域」を先程説明した3つ以外、もしくは申請した場合、次に考えるのが「承認が必要になる飛行方法」になります。, 上記に書いている6つに該当する場合は航空局に申請する必要がありますが、もちろん199gのMavic miniは申請不要です。, 航空法が適用される範囲はここまでで、ここから先はMavic miniも許可や申請が必要になるのでよく読んで下さい。, 確かに、「許可が必要な空域」と「承認が必要になる飛行方法」では申請は不要ですが、決まりはまだまだあります。, ここからご説明するのは199gのMavic miniにも関係することなのでよく読んでご理解下さい。, ドローンを飛行させる際、一番壁となるのは土地の所有者の承諾です。 Mavic miniはそのドローンの敷居を低くして、初心者でも気軽に飛ばせるドローンだと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, トイドローンから始まりドローンの魅力にすっかりはまってしまいました。将来的にはドローンの仕事をしたいと日々精進しています。, ドローンの紹介・アクセサリー・映像などを更新致しますので、少しでもドローンの楽しさが伝われば幸いです。, ※このブログはGoogle Adsense・Amazonアソシエイト・楽天アフィリエイトの参加者です。, 【FPVゴーグルのアンテナはこれ!】アンテナの種類とその仕様、さらにおすすめFPVアンテナをご紹介!, TBS Unify PRO(HV)の設定方法! マニュアルを日本語化し、詳しい設定方法を解説します!, 【これを読めばすぐわかる】FPVドローンの開局申請方法!「TBS Unify PRO(HV)」編, ドローンのバッテリーコネクタがいっぱいあってわからない? 3種類だけ覚えればOK!, ドローンのプロポ(送信機)は何を選べばいい?実体験から買っちゃダメなプロポ、おすすめのプロポを用途別にご紹介!, 【FPVドローン】墜落した機体を確実に救出する4つの方法!これでもうロストしない!, 【あったら絶対便利!】5.8G対応4.3インチモニターがすごくいい!さらにプロポにも装着可能!, 本気でドローン撮影するならやっぱりタブレット!おすすめのタブレッドホルダーをレビュー!, タイニーフープ・FPVドローンを始めよう! 必要な機材と資格をわかりやすく解説します!, Mavic mini(マビック ミニ)、買ったはいいけどどこで飛ばす? 199gで飛ばせる場所と飛ばせない場所を解説!, DJIから199gのドローン「Mavic Mini(マビック ミニ)」が登場! これはライトユーザーに売れるが危険性も無視できないぞ!, 【買って超満足!】 FPVゴーグル「FatShark Dominator HDO」を徹底レビュー!. 自分の土地の上空を無断で飛ばすことが認められたら、もし墜落して家や壁、車を傷つけても「当て逃げ」されてしまいます。, 畑や牧草地でもそれは当てはまりますよ。 しかし、長い距離もしくは低空で道路上を飛行するなど、「道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがある」と判断された場合は違反となる可能性があります。, このあたりの定義は曖昧な部分がありますので、余計なトラブルを避けるためにもまずは警察署に相談してみるとよいかと思います。, 所有地や道路などは、ドローン飛行の定義があいまいな面があるのは事実ですが、厳密にいえば「Mavic miniだから飛ばせる」ということはほとんどありません。, 結局は通常のドローンと同じように、海や申請のいらない川、許可をもらった所有地、山奥で飛ばすことになります。 2019年11月に発売された DJI Mavic Miniは、これまでにない革新的なドローンでした。 1. 「Mavic Miniと航空法の関係性について詳しく知りたい!」 「結局Mavic Miniが飛ばせる場所ってどこなの?」 「みんなが実際にMavic Miniを飛ばしている場所が聞きたい!」 今回は、たくさんの人の疑問である「Mavic Miniの飛ばせる場所」について紹介していきます! ドローンを購入する際に、まずチェックすべきなのは「重量」です。それは、200グラム以上のドローンは航空法の規制対象になるからです。 200グラム以上のドローンは航空法により飛行させる場所が規制されています。また、今後ドローンを物流などで本格的に実装させるための安全な制度設計のために、日本政府は2021年度から、ドローンの機体情報の登録を義務付ける方針を固めています。 しかし、航空法に関してもドロー … 土地の権利というのは地下と上空にも発生しますので、他人の土地の上を飛ばす場合はその土地の持ち主に許可が必要になるんですよ。, 空撮で民家の上を飛ばしたい場合、通過させるすべての家の持ち主に許可を取る必要があります。, そりゃそうですよね。 こんな感じで コントローラーに携帯をセット して、 アプリでドローンと連携。 草が生えている場所に置くと、羽が草刈り機になって絡まっちゃうから、なるべく平地からスタート★. Mavic Miniってこんなドローン! 2019年11月にMavic Miniが発売されてから、「航空法の一部が対象とならないドローン!」として多くの方に愛される機体になりました。 Mavic Miniが対象とならない航空法はこちらになります。 人口密集地区でも、自宅の庭や友達の家など自分の所有地や許可をとった土地で飛行することはできます。 もちろん機体の重量に関係なく、すべてのドローンが飛行禁止です。, 最近では全国のほとんどの公園で飛行が禁止されているようなので、公園で飛ばすつもりだった方は事前によく調べてから飛ばして下さいね。, 春は桜、秋は紅葉を撮影したいと思うでしょうが、禁止されていれば違法となりますのでご注意下さい。, 「公園がダメなら近くの川で飛ばそう」と思っても、今度は河川法というものがあり、ドローンの飛行が禁止されている場合があります。, 先日もバラエティ番組で町紹介の空撮を頼まれたのですが、札幌市の場合すべての河川でドローンの飛行が禁止されています。 飛ばす予定の河川があれば禁止されていないかを事前に確認して下さい。, 「Mavic miniで旅行を撮影しよう」と考えて購入されるかたもいらっしゃるかと思います。 GPSとビジョンセンサーによる正確なホバリング 5. または違法と知っていても、軽量のため軽い気持ちで飛ばす可能性も高いので、今後、事故やトラブルが多発すると思います。, Mavic miniが初めてのドローンという方は、まずは人気のない場所で自由自在に飛ばせるくらいまで練習しておくことをおすすします。, 「上昇はどのレバーだっけ? 前進はこれだっけ? ドローンがこっち向いたらわけがわかない」というレベルではお話になりませんよ。, ドローンは機体が小さいほど安定感がありません。 最大2kmのHD動画伝送 4. 離陸ーーー♪ ドローン業界に革命をもたらしたMavic miniに後継機であるMavic mini2が発表されました。 前作同様、重量199gで国内航空法対象外。 重要文化財や人が密集する地域、空港近辺などを除いて基本的には国への事前申請の必要なく、気軽に飛行させる事が可能な機体となっています。 その時は幸いにも怪我などはなかったのですが、それからイベントでのドローンの使用がめちゃくちゃ厳しくなりました。, 航空法が適用されるドローンですと、私有地だろうが主催者がOKといおうが申請が必要になります。, 立ち入り禁止エリアに警備員を配置する必要もありますし、当然飛行の自由も奪われます。, この他の方法もあることはあるのですが、「ドローンをワイヤーで固定する」や「人が集まる場所をネットで防護する」など、お金もかかるしさらなる制限があるので正直現実的ではありません。, こういったことから、今までイベントでの撮影は簡単にはできなかったのですが、今回Mavic miniが登場したことによりイベント運営者からの依頼、もしくは許可が得られれば簡単にイベントで撮影することができるんですよ。, これは素晴らしいですね。 まず、道路上での離着陸に関しては、道路交通法第七十七条における「道路において工事若しくは作業をしようとする者」に該当するので、「道路使用許可申請書(申請料2,100円)」を管轄の警察署に提出し、事前に許可証を取得しておく必要があります。, 道路の飛行に関しては、道路を横断する程度なら申請は必要ありません。 さっそく Mavic Mini を飛ばしてみるよー٩(ˊᗜˋ*)و. つまり、 Mavic Miniを空港周辺で飛ばさない、150m以上飛ばさない 、というルールを守る必要があります。 因みに、この150mというのは地面からの距離になります。 先日Mavic Miniを購入し、近所に飛ばせる公園がないか調べていたところ、こちらのスレッドにたどり着きました。 当方は横浜市在住で、横浜市の公園で、200g以下のドローンを飛ばせして練習できる場所がないか、「横浜市環境創造局 公園緑地管理課」に問い合わせてみました。 超軽量199g 2. https://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html, https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/kurashi/heion/drone.html, https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=325AC1000000214, https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=335AC0000000105, http://www.ktr.mlit.go.jp/arage/arage00138.html, http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00666.html, https://www.drone-enterprise.com/blog/2212, Windows Power Shell でエイリアス (Set-Alias, function), flutter プロジェクトに cloud_firestore を追加するとエラー発生, MacでCordovaのインストール・実行・ビルドまで (iOS, Android, Web). それならもっと大型の画質のよいもののほうが断然よいのですが、Mavic miniならではの利点もあります。, Mavic miniの最大の利点はイベントでの撮影が申請なしでできるという点です。, 以前にイベントでアメやお菓子をばら撒いたドローンが墜落した事故がありました。 10月31日にDJIの新しい機体「Mavic mini(マビック ミニ)」が発表されましたね。, この機体は200gを切る199gなので、航空法に該当しません。 これも完全に私有地での無許可飛行になりますので、一年以内の懲役もしくは50万円以下の罰金になります。 Mavic MiniはdJIが先日発表した200g未満の本格的ドローンです。その重量もさることながら、 驚くべきは安定性とカメラ性能です。今回はMavic Miniがどこまで洗練された機体なのか解説していきます。 他人の畑を勝手に撮影していたドローンが墜落、畑にズカズカ入って墜落したドローンを回収した不届き者が訴えられた事例もあります。, 「線路」も他人の所有地になりますのでご注意下さい。 Copyright © 2011 - 2020 TKS2 Co., Ltd. All Rights Reserved. 199グラムのMavic Miniは航空法の適応外ですが、都市圏では意外にも飛ばせる場所がほとんどありません。 このような地域でMavic Miniを飛ばすには、私有地内や屋内のドローン施設で飛ばすか、土地の所有者に許可を取り、飛行させるしかありません。 199gのMavic Miniは航空法の適応外だけど、都内では意外にも飛ばせる場所がほとんど無いのです、、! 都内で小型ドローンを飛ばすには、屋内のドローン施設で飛ばすか、所有者に許可を取り、その土地でドローンを飛行させるしかありません 。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); まずは通常のドローン(200g以上)を飛行させる場合、必要となる申請をご紹介します。, 「Mavic miniは200g未満だから関係ない」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、それすら知らずに飛行させるのは大変危険ですよ。, 機体が重かろうが軽かろうが、プロペラを高速で回転させ、上空を飛ぶドローンには必ずリスクがあります。 にほんブログ村←クリックお願いします!ランキング参加中!DJIからMAVICminiが発売されました。航空法適用外の200g未満。DID地区ど真ん中大阪市内に在住の私としては非常に欲しくなる一品。だがしかし、結局これは航空法適用外になるだけ Mavic mini(マビック ミニ)、買ったはいいけどどこで飛ばす? 199gで飛ばせる場所と飛ばせない場所を解説! 10月31日にDJIの新しい機体「Mavic mini(マビック ミニ)」が発表されましたね。 Photo via DJI Mavic Miniの細かい仕様は他にまかせるとして、4K撮影は出来ないものの、ジンバル付きでサンプル映像を見る限り実用性は十分と感じるし、やはり199gというのが大きい。 paypayモールのキャンペーン中で、大幅なポイントバックでDJI Mavic Mini Fly More Comboセットを購入。バッテリー容量を減らして日本発売しているので、予備バッテリー、プロペラガードなども含めたFly More Comboセットがやはり鉄板。発売が待ち遠しい。 購入したドローンが届く前に、ドローンの種類、航空法、そ … しかもMavic miniは衝突防止センサーがありませんので、トラブルがあった時はとっさに操作できるように練習しておく必要があります。, ドローンはしっかりした知識と操縦技術をもっていればとても楽しいですし、美しい映像が撮影できます。 例えば、野球場で飛行許可が取れれば、自分の草野球チームの撮影なんかできますよ。, まとめとしましては、「199gだー!航空法に関係ないからどこでも飛ばせる!」と騒がれていますが、実際には200g以上のドローンと同じで飛ばす場所は多くはありません。, とはいえ、Mavic miniを購入した方は違法ということを知らず色々なところで飛ばすことが予想されます。 操縦技術がある方なら、今までイベントでは不可能だった映像を撮ることができます。, 「イベントなんか関係ない」という方は・・・何を撮影しましょうかね。 横断する際は許可が必要になることを覚えておいて下さいね。, それと、つい最近も空港にドローンが侵入して24便に影響がでました。 しかし、観光地はドローンの飛行はほとんどが禁止されています。, 普通に考えれば当然ですよね。 とはいっても、「Mavic mini」だからといって、どこでも飛ばせる訳ではありません。 せっかくドローンを購入しても、飛ばせる場所がなければ宝の持ち腐れです。 そこで、気軽に飛ばせる広く・楽しい場所を皆様に提供したいというのがこの会の趣旨です。 3軸ジンバル搭載 2.7Kカメラ 特に、 Mavic Miniの重量が200g未満であることは、多くのドローンパイロットにとって衝撃的でした。なぜなら、日本では200g未満のドローンは航空法の無人航空機に該当しないからです。 では、 Mavic Miniを含む200g未満のドローンは好きに飛ばしてもいいのでしょうか? … 人が多く集まるところで飛ばすと危険ですし、景色がよいところでブンブンドローンが飛んでいたら興ざめしてしまいます。, 国会議事堂や内閣総理大臣官邸、外国公館、原子力事業所の周辺地域、自衛隊駐屯地などは飛行が禁止されています。, 道路での飛行もご注意ください。 とはいっても、「Mavic mini」だからといって、どこでも飛ばせる訳ではありません。 せっかくドローンを購入しても、飛ばせる場所がなければ宝の持ち腐れです。 そこで、気軽に飛ばせる広く・楽しい場所を皆様に提供したいというのがこの会の趣旨です。 でも目だけを自由に飛ばせる時代はやってきましたよ。 DJIの「Mavic Mini」のおかげでね! 海外仕様の249gだってすっごい頑張ったと思う。 もちろん申請をして許可をもらって撮影したのですが、結構面倒な手続きでしたよ。, それでも、河川法は地域によって異なり、それほどドローンに厳しくない印象です。 DJIから200g未満の新型ドローンのMavic Miniが発売されることになり話題になっています。 この記事ではMavic Miniをはじめとする200g未満のドローンを飛ばす上で知っておくべき、飛行規制についてま … それに合わせて飛行機に影響が出た被害額を請求される可能性がありますよ。, Mavic miniは人工密集地区でも飛行申請は必要ありませんが、ところ構わず飛ばして撮影していると、プライバシー侵害と肖像権問題で訴えられることがあります。, 特に最近ではyoutubeやSNSに投稿する方も多いと思いますので、注意が必要です。, 「土地の所有者の承諾を取るなんて面倒、近くの広い公園で飛ばそう」と思っても、公園は各自治体の条例があります。, 私が住む札幌は市内すべての公園でドローンの飛行が禁止されています。 最大18分の飛行時間 3. そうなると、もうMavic Miniであっても今後は自由に飛ばすことはできなくなりますから、いま「無人航空機」で飛ばすのが面倒臭いけどMavic Miniだと簡単に飛ばせる場所で飛ばしたりする最後のチャンスになりますので、正直、 飛ばすなら今のうち という感じです。 「これならいつでもどこでも飛ばせる」と思って、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。, しかし実際には飛ばせる場所はとても限られています。 回転しているプロペラが目に当たれば失明する可能性もありますし、上空100mから落下して人に直撃すれば大怪我、最悪死に至る可能性もあります。, 軽量なMavic miniであろうが、ドローンを飛ばすのであれば、なぜ航空法で規制されているのかを理解し、ドローンを飛行させる一般的な知識としてその内容を覚えておいて欲しいと思います。, 200g以上のドローンに対する航空法は、「許可が必要な空域」と「承認が必要になる飛行方法」があります。, そしてその下に、200g未満の機体にも関係する小型無人機等飛行禁止法や道交法と河川法、各自治体の規制がありますので、広範囲な規制からより細かい規制へと順にご説明致します。, この3つ以外の空域では飛行が可能ということになりますが、その次は「承認が必要になる飛行方法」 ドローンはどこでも飛ばせるわけではありません。 2015年11月にドローン航空法が施行され、200g以上のドローン飛行時 【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選|ド … 200g未満だからと買ってはみたものの、「全然飛ばす場所がない!」とならないように予め勉強しておく必要がありますよ。. Mavic Miniはどこで飛ばせるの? こういった疑問を持っている方も多いと思います。 そこで本記事では、ドローンを飛ばすときに避けては通れない航空法や、Mavic Miniを飛ばすことができる場所について …